ユーザー評価なし レビューを見る
僕はビートルズ (8)
  • 完結

“もう一度生まれ変わったとしても……俺はお前らと「ファブ・フォー」をやりたい”――前代未聞の後楽園コンサートに向け歩みを進める「ファブ・フォー」だが、彼らの活躍を妬んだ蛭田(ひるた)によりギターのショウが誘拐されてしまう。誘拐犯のひとり、熊野(くまの)からの電話によってショウの居場所を知った所属事務所社長のマキは助けに向かうが、金銭からコンサートの妨害に目的を変えた蛭田は、ショウの指を切り落とそうとしていた。その時、謎の老人が現れる。その正体とは?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

書店員のレビュー

ビートルズを愛してやまないコピーバンドの4人組がいた。お互いがその腕を認めていたし、お互いが彼じゃないとこのバンドは成り立たないと思っていた。全てを完璧にコピーし、ビートルズに関しては誰にも負けない。でもビートルズになることも、超えることも決してないことも理解している。だから世界一のビートルズのコピーバンドになる。第二のビートルズになって214曲目を俺たちが生み出すんだ。そう意気込むリーダーのマコトとは裏腹に、メンバーの気持ちにズレが生じ始める。「ビートルズになりたくないのか?」このマコトの言葉から、彼らの運命が180度変わることになる。マコトのそのセリフがきっかけでいざこざが発展し、ホームに4人同時に転落。電車にひかれたと思っていたが、目を開けるとそこは50年前の東京だった。時代はエルビスプレスリー。ビートルズはまだ世に出ていない。洋楽自体がまだ浸透していない時代だ。ビートルズの曲を歌えるのは地球上でこの4人だけ。あなたならどうしますか。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。