作 : 七月隆文 絵 : 閏月戈

一迅社

ジャンル:ライトノベル

500円 (税別)

5ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2015年10月20日

  • 完結
  • 紙と同時
平均評価(4.0 レビューを見る
  • 完結
  • 紙と同時
平均評価(4.0 レビューを見る

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 10巻の内容

シリーズ書籍一覧 12冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 10巻の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(4.0)

投稿日:2015年04月19日

薄っぺらい内容だけどなんだか続きが気になる!

読んでみた率直な感想。「薄い」。
ま、ライトノベルだけあって薄くて軽く読めるライトな構成ってのは褒めてしかるべきポイントかもしれません。
でも、3,400冊ほどライトノベルを読んできた経験をもとに考えると、その中でも結構薄い内容だなぁと思えるほどの作品でした。

じゃあ、面白くなかったのかと言われればそうも思いません。
読み始めて数ページで起きる急展開、よくわからない勢いで主人公の公人が
日本地図に載っていない隔離された超お嬢様学校に庶民のサンプルとして編入させられるという導入部分。
そして、庶民(一般的な学生)の一挙一側をすべて珍しがるお嬢様たち。
そんなお嬢様たちに好奇の目線で見られつつも、憧れと好意を向けられてしまう公人。。。
なんとなく楽しめました。

1巻の内容は、庶民である公人が拉致されてお嬢様学校に編入し、
その中で様々なカルチャーショックを双方が受けるドタバタコメディってところでしょうか。
携帯電話を見たことが無い、とか男性自体とほとんど接したことが無いとか、
カップラーメンを食べたことが無いとかお約束通りの展開を楽しめます。

薄っぺらい話と思いきや結構お約束とはいえ好きな展開がそこそこ多く書かれていたため
個人的には面白かったかなぁと感じています。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。