書籍の詳細

社会人野球の廃部をきっかけに、35歳でプロ野球選手を目指す長島。そんな夫と遅すぎる夢を陰ながら支える妻の感動の物語。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

エール!のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 最近、復活をかけたプロ野球選手のドキュメントをテレビで観ることが多いような気がします。年齢やケガ、不振などが理由で自由契約になったプロ野球選手がトライアウトにチャレンジするという内容ですね。この種の番組は、見始めると最後まで見届けないと気になって仕方がありません。『エール!』は『Dr.コトー診療所』でお馴染みの山田貴敏が描いた、プロ野球選手を目指す男の物語です。実業団チームに所属する長島が主人公なのですが、所属チームの解散によって彼はプロ野球にチャレンジすることを決意します。年齢は35歳とあって、野球選手なら引退を考えそうな歳ですが、長島は「最後に一度だけ、一度だけでいいから」と妻に頭を下げます…。この漫画が面白いのは、復活をかける長島を影で支える妻と子供を始めとした周囲の人間の応援と、それに応えるかたちで必死にもがきあがく長島の姿です。長島はオールド・ルーキーになることができるのでしょうか。思わず最後までイッキ読みしてしまいます。(2015/3/18)
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年03月20日