書籍の詳細

「アイズ」。それは、世界を支配しようとする謎のコードであり、数多の企業がそれと知らずに属していた。セオテック(元ファブリ)も、かつてジョゼに残酷な実験を行っていたローブ研究所も、幼い頃ジェームスが在籍していたサウスワース研究所も、NYで政財界に大きな影響力を持つ犯罪組織ローズナーも、すべてアイズだった。一方ジェームスは、今や反アイズの唯一の巨大勢力となりつつあり、アイズがジェームスを放っておくはずがなかった。ハネムーン先のジェームスのもとを訪れたジョゼは、かつて自分を苛んだ首謀者の男ウルフと対面する。ウルフの暗躍で、移送中のフィル・マッサリは奪われ、警護していたFBIのハリーが命を落とす。またスタイケン博士も殺害され、アンディも誘拐されてしまう。四面楚歌の状況の中、アンディと長時間離ればなれになったジェームスには異変が起きていた。緊迫の「TASK」第四巻!! ※本電子書籍は紙コミックス『パーム (39) TASK vol.4』と同じ内容です。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

パームのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • パーム ナッシング・ハート
    本好き、マンガ好きな人なら、一度や二度はそんな幸せな体験があるはず。自分の人生が変わってしまう、ターニングポイントになってしまう。それほど心動かされる物語。もしもまだ「パーム」シリーズを読んだことがないなら、そんな貴重な可能性のある作品だと、心からお薦めしたい。私自身は20年以上前にこの作品とそんな出会いをしました。今の仕事をしていることに繋がる幸運な出会いでした。ウチの編集部には、この作品を読んだからここで仕事をしたいと思った、そういう人が何人もいます。シリーズ中で語られたいくつかの言葉が、いつまでも胸に残って、前を向いて、できるかぎりの力で生きていこう。そんな気持ちになる作品。シリーズはまだ続いていますが、この「ナッシング・ハート」は、壮大なクロニクルの最初となる作品です。
    投稿日:2012年07月20日