書籍の詳細

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書は静岡県浜松市民の「本当の姿」に挑戦した一冊である。浜松市は度重なる合併を経て2005年、11市町村を版図に加える超広域合併を見事に実現、県内最大の80万都市として再出発をした。そんな浜松の代名詞は、徳川家康から連綿と続く、立身出世に燃える野心の精神といえる。時代に翻弄される家康本人が「今に見ていろ」と雌伏の時を経て、大きな野望をつかみ取る礎としたのがこの地であり、浜松城からはその後、5人もの城主が江戸幕府の老中へと上り詰めた。浜松城をして、出世城の異名を取るのも納得である。一方で、東京と名古屋の中間地点に当たる宿場町として古くから栄えた浜松は、文字どおり地の利を生かし、あるいは温暖な気候を武器にして発展していった。第二次世界大戦時の浜松大空襲という大打撃さえはねのけて、昭和以降、織物業をルーツとする工業の街として大発展を遂げる。江戸までの政治から工業へと大きく舵は切られたが、「負けてたまるか」という「やらまいか精神」は同様で、この浜松魂を力に成就させてきた。しかし現代、全国的な交通網の整備、世界基準のグローバルなもの作りが求められている中、工業立国・浜松の向かう先には何があるのか。長引く不況に立身出世も容易ではない。出世・野心で版図を広げ、もの作りの実力を世界に知らしめてきた浜松市は、今、どこへ向かっているのか。取材やデータを元に本書が解き明かす。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

日本の特別地域 特別編集49 これでいいのか 静岡県 浜松市(電子版)のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「ふるさとは遠きにありて思ふもの」なんて言葉がありますが、僕のふるさと浜松はあまり遠くないのでイマイチこの言葉の実感を得られません。もう上京して10年以上ですし、地元に思いを馳せるのは、facebookで地元の友人たちの投稿を見る時くらいでしょうか。とは言えやはり地元への愛着はあるもので、この本は思わずチェックしてしまいました。浜松の歴史や特徴、いま街が抱える問題まで本当に「浜松の人向け」に特化した内容で、上京以来、僕の知らなかった「浜松」がここにはありました。もうちょっと「浜松まつり」とかにも触れてほしかったところですがそれはまあいいでしょう。このシリーズ、eBookJapanでは他にも「茨城県」「埼玉県」「静岡市」が出ていますので出身者のかたはぜひ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年12月02日