書籍の詳細

こんなに切ないのも、こんなに苦しいのも、きみを好きなせい――。タケルとトモヤはお互いに想いを寄せながらも、その恋心は「何より気のおけない友達同士」という関係の中にたゆたうままだった。しかし、トモヤの身に起きた「ある事件」によって二人の関係はいびつに歪んでいく。二人の親友のウツセ、大人しいゲイのクラスメイト・ハタ、四人の想いがジグザグと交錯し、絡まり合う……。※著者あとがきは収録しておりません

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ふたしかな僕たちは、のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    購入して良かった一冊です
    大好きな作家さんなので、迷わず購入しました。
    一冊を通してのお話なので、読みごたえがあります。
    読み進めていくなかで、突然の展開にドキドキしながら、読みました。
    早く先を読みたいようなじっくり味わいながら読みたいような素敵な一冊です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年11月05日