書籍の詳細

栗本薫の本格ミステリ『鬼面の研究』がまんだ林檎の手でコミカライズ!伊集院大介と森カオルは、テレビ番組の取材で山奥にある閉鎖的な集落「鬼家荘」を訪れた。よそ者に心を開かない村人たちと、強引に取材を始めようとするロケ隊。両者の対立が深まる中、そこでロケ隊のメンバーがつぎつぎに殺されて…。伊集院大介が殺人事件と「鬼面」の謎を解き明かす!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

名探偵伊集院大介 鬼面の研究のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 幅広いジャンルで活躍した栗本薫原作のミステリー。伊集院大介を主人公とした人気シリーズの長編の漫画化です。私が知らないだけかもしれませんが、栗本ミステリーの漫画版ってあまり見かけたことがなくて、長年のファンとしては原作を尊重しているか一抹の不安がありましたが、これがなかなかのもの。事件現場や関わる人間の描き方が丹念で、原作の雰囲気を心得た作品になっています。細部まで描き込まれた人里離れた集落と繊細なタッチの人物とのコントラストも、非常にこの原作にあっているのではないでしょうか。ただでさえ、落人、日本の秘境、九州の山奥とアイヌ人、独特の風習、たたり、嵐の山荘、とただでさえおどろおどろしくならざるおえない状況がてんこ盛り。その中、伊集院やカオルはそのシンプルな描写ゆえに部外者的な感覚が常にあって、事件の本質を冷静に追っていける、という感じ。適度に漫画的な小説家と探偵のコンビ、という設定も良いアクセントになっています。まあ、あまり書くとネタばらしになるので、あとは見てのお楽しみということで。(2012/3/30)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年03月30日