37.5℃の涙 (9)

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

とうとう朝比奈と両想いになった桃子! 病児保育の仕事にもますます気合いが入る…けど!? 【ある疑惑、そして葛藤編】桃子の隣の部屋に、小向さんというシングルマザーの母子が引っ越してきた。桃子の職業を知った小向さんは、毎晩のように息子を桃子に預けて仕事に行ってしまうようになる。頼りにされると断れない桃子に、朝比奈は「放置子」の可能性を指摘する。放置子とは文字通り親から放置されている子供、つまり「ネグレクト」という虐待を受けている子供のこと。疑惑の中で揺れる桃子は…!? 【柳とめぐみさんの主張編】リトルスノーの先輩・めぐみさんが結婚!?だが、婚約者に「結婚したら仕事を辞めてほしい」と言われためぐみさん。彼のことは愛してる。だけど仕事も好き。自分の「幸せ」は一体どこにあるのか。揺れるめぐみさんが出した結論は…? 一方、朝比奈と桃子の関係を知った柳が交際に断固反対!?「小雪のことを忘れたのか」と迫る柳に…!? 第62回小学館漫画賞を受賞した話題作。待望の最新巻です!

無料立ち読み(21ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

とうとう朝比奈と両想いになった桃子! 病児保育の仕事にもますます気合いが入る…けど!? 【ある疑惑、そして葛藤編】桃子の隣の部屋に、小向さんというシングルマザーの母子が引っ越してきた。桃子の職業を知った小向さんは、毎晩のように息子を桃子に預けて仕事に行ってしまうようになる。頼りにされると断れない桃子に、朝比奈は「放置子」の可能性を指摘する。放置子とは文字通り親から放置されている子供、つまり「ネグレクト」という虐待を受けている子供のこと。疑惑の中で揺れる桃子は…!? 【柳とめぐみさんの主張編】リトルスノーの先輩・めぐみさんが結婚!?だが、婚約者に「結婚したら仕事を辞めてほしい」と言われためぐみさん。彼のことは愛してる。だけど仕事も好き。自分の「幸せ」は一体どこにあるのか。揺れるめぐみさんが出した結論は…? 一方、朝比奈と桃子の関係を知った柳が交際に断固反対!?「小雪のことを忘れたのか」と迫る柳に…!? 第62回小学館漫画賞を受賞した話題作。待望の最新巻です!

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

スペシャルレビュー

37.5℃の涙

37.5℃、それは子供が保育園に行ける体温のボーダーライン。子供が病気でも仕事を休めない、そんな身動きの取れない親たちに手を差しのべる存在が、「病児保育士」。病気の子供を人に預けて仕事に行くのは果たして“親失格”なのか? 愛情とは、家族とは、親とは――答えの出ない問題に、笑わない病児保育士・桃子が真っ正面から切り込む! チーズ!のメインである若い女性読者にとっても、決して他人事ではない社会問題を、正面から描いた意欲作です。

書店員のレビュー

働く子育てママそしてパパのリアルな現実、37.5℃が保育園に子供を預けられる「ボーダー」とは知りませんでした。37.5℃なんて子供ってすぐに熱出しそうですよね。そんな現代の共働き家庭のリアルな子育て現場を描いた作品です。本当に全ての日本人が考えなくてはいけない課題だな…と痛烈に感じました。マンガで表現されているので入りやすく、考えるのにはぴったりです!テーマがテーマですが重くならずに、子供がいない私も十分に、読みごたえがありました。「病児保育」知らなかったです。物語はこの「病児保育」の新米担当が様々な家庭にお仕事にいくことから始まります。そしてまわりの同僚たちのキャラクターもとてもいいんですよね~。上司とか先輩とか!ドラマ化も決定してますます話題になりそうなこちらの作品を是非読んでみていただきたいです!!そして私の大好きな『コウノドリ』も是非一緒に読んで欲しい~と思っています。泣きます。
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。