レビューはありません
新説柳生旅日記

寛永3年、除夜の鐘が鳴り出そうとする大晦の深夜のこと、江戸木挽町の柳生但馬守邸の塀を飛鳥にも似た影を躍らせて飛び越えた者があった。曲者!?夜盗の類かと誰何する又十郎宗冬に、笑い声とともに答えたのは兄の十近衛三厳であった。「これを契機に大転換を試み、新行動を起こすことにする。まず新年事始めに相州江ノ島に渡り竜神と術を競い、これを打ち破ってのち京の鞍馬天狗と術を比べるぞ!」柳生十近衛三厳が世に名のある武術者、勇士豪傑をたずねての痛快”西国旅日記”

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。