書籍の詳細

カネヒラの異能を見破り、本体への攻撃を試みるカナメ。“ハンティングゲーム”が結末を迎える中、カナメの前に現れた人物の驚愕の正体とは……!? 現実を侵食するダークサスペンス、新章開幕!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ダーウィンズゲームのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    適者生存、個性豊かなキャラのバトルゲーム
    少年漫画、しかもサバイバルRPGバトル系なんて本来まったく興味が無いんですけど(基本、少女漫画派ですので)絵柄が奇麗だし主人公カナメにストレートに好感がもてて、一気に読破。いやー、これは面白かった!一応7巻で一部完結、と言ってもいい感じ。女子キャラも可愛いし、「残酷で品があって自分の力をよく使いこなしている」シュカに至っては、バンバン人殺しをしているのにどうしても憎めないというか…。って、彼女本当に16歳?生い立ちが書かれていないので想像するしかないけれど、かなりのお嬢様っぽいからこのゲームに参加して身に付いた能力により「純粋な殺戮者」の才能が開花したのかしら、なんて。。そう、本筋はサバイバルゲームだから人が死んでいきますよ。少年漫画だからグロテスクな場面もあります。(それでも多分他のよりは軽いだろうけど)そういったものは見ていて気持ちのいいものではないけれど、だからこそ「生き残るために人を殺せない、けれど生き延びてみせる!」と言う当初のカナメに好感をもてます。普通に良識のある人間としての感覚ですからね。それしてもまぁ、皆それぞれ頭が良すぎるわ。悪役も含めて個性豊かなキャラたち。13歳設定のレインに至っては特殊能力抜きにしてもIQがずば抜けていそう・・・。カナメだって普通の高校生にしてはあり得ないほど度胸があって賢い。彼も作中であがきながら驚くほど成長していきます。もともとヘタレじゃなかったけど、「こんな馬鹿げたゲームから抜けたい」と願いながらも他者を気にかけ助けながら、Dゲームに順応していく適応能力の高さはずば抜けていて、彼こそがダーウィンの言う「適者生存」にぴったり!さくさく物語も進むので読んでいて痛快です。でも一体全体、このゲームは誰が何を理由に作ったのかな?今後の謎解きも楽しみ。それに「携帯」がゲームの必須アイテム、ってところがまた現代的なノリで着眼点がいいわ。全先進国、移動中にスマフォ画面を見ていない人間はいないものね。笑 これ、全巻そろったら書籍で欲しいかも。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年04月23日