レビューはありません
一物勃起

珠子先生の美しさに惹かれてこの書道教室に足を踏み入れた僕。でも動機が不純なせいか、書道の腕前は半年通っても全然上達しない。このままじゃ珠子先生にも悪いし、やっぱり辞めようかな…。珠子先生にその旨を伝えると、先生は僕を引き止めてくれた。でも僕は、書に向き合っていてもどうしても邪念が払えないからダメなんです…いつも頭の中で珠子先生の淫らな妄想を繰り広げてしまうんです…!「良いんですよ、邪念を払わなくても。その邪念を書にぶつけるんです!!」え、邪念、払わなくても良いんですか?「本当の自分を開放するんです!」開放しちゃって良いんですか?…では、遠慮なく…!!珠子先生に、ハメてぇ―――!!!!珠子先生、伝わりましたか!?僕の思いを、そのお着物の下の、お教室の間もノーパンのお股で、受け止めて下さい!!僕の太い太~~い筆を、珠子先生のお口でしごいて、立派な文字が書けるようにして下さい!!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。