書籍の詳細

3Dプリンタなどのデジタル工作機械がグローバル・インターネットとつながったとき、いったいどのような世界が実現するのか?いままさに、かつてSFとして描かれた技術が現実のものとなりつつある。大注目の工学者が興奮の未来と新しいヴィジョンを描き出す。(講談社現代新書)

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

SFを実現する 3Dプリンタの想像力のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 3Dプリンタはまだ序章でしかない! 大注目の次世代工学者が描く新しい「モノづくり」とは?
    パソコンから立体物を出力できる3Dプリンタが一般ユーザーにも普及し始めている。また、3Dスキャナーやレーザーカッターなどのコンパクトなデジタル工作機械も市場に出回りつつある。これまでSF(サイエンス・フィクション)の中に書かれていたことが、次々に実現されようとしているのだ。本書では、そうした3Dプリンタをはじめとするデジタル工作機械がひらく未来の可能性を具体的に論じている。たとえば、インターネット上のソーシャルなつながりを通じてものづくりを実現するソーシャル・ファブリケーション(SF)をはじめ、デジタルとフィジカルが融合した究極のかたちである3次元ディスプレイなど、進化を続ける“創造”の現状とその未来像とは?
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2014年10月31日