書籍の詳細

IT(情報技術)ベンチャーの“移転ラッシュ”に沸く過疎地があります。それは、徳島県神山町。高齢化率46%と少子化と高齢化に苦しむ中山間地の典型のような地域ですが、これまでに9社のベンチャー企業がサテライトオフィスを開きました。ヤフーやグーグルなど大企業の社員が短期滞在で訪れることもしばしばで、空き家として放置されていた古民家が続々とオフィスに姿を変えています。その動きはオフィスだけではありません。移住者の増加に伴って、店舗や施設のオープンが相次いでいます。ここ数年を見ても、パン屋やカフェ、歯医者、図書館などが地図上に姿を現しました。アーティストやエンジニアなどの移住も進んでおり、まさに町が生まれ変わっている印象です。「21世紀の最先端は、東京でも上海でもシンガポールでもなく、神山にこそある」と、『里山資本主義』や『デフレの正体』を著した藻谷浩介氏が語るように、日本の未来が見える場所といってもいいでしょう。NHK「クローズアップ現代」やテレビ東京「日経スペシャルガイアの夜明け」など、神山に着目するメディアも増えています。神山には全国的に有名な観光スポットはありません。企業誘致に力を入れている自治体もいくつもあります。それなのに、なぜ神山に人々が集まるのでしょうか。本書は、その理由を様々な角度から明らかにしました。クリエイティブを生む場であり、新しい働き方の実験場であり、さらに人間再生の場でもある――。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

神山プロジェクトのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • なぜ徳島の片田舎に若者たちが吸い寄せられるのか
    徳島県神山町。過疎化と高齢化に苦しむ、どこにでもあるような山深いこの町に今、熱い視線が注がれている。ITベンチャーが続々と古民家をサテライトオフィスとして借りはじめ、多数の若きクリエイターたちも移住してきているのだ。それに伴い施設や店舗も増え、人口統計では転入者が転出者を上回った。本書では、生まれ変わった神山に登場した数々のスポットを紹介するとともに、外から町に入ってきて新しい生き方を見つけた各人の物語を綴る。そして、神山の再生を演出した地元のNPO法人「グリーンバレー」の活動軌跡を辿り、彼らがめざすものを浮き彫りに。神山をめぐるストーリーは、クリエイティブな“場”のつくり方、地域再生の方法、また日本人の未来の生き方・働き方に数々のヒントを与えてくれる。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2014年10月17日