書籍の詳細

時に部下を叱りつけ、ありえない目標を掲げ、けたたましく笑う。そうして小売りの巨人ウォルマート、大手書店のバーンズ&ノーブルなどとの真っ向勝負に立ち向かってきた。ベゾスのビジョンは、「世界一の書店サイト」にはとどまらない。「どんなものでも買えるお店(エブリシング・ストア)を作る」という壮大な野望に向けて、冷徹ともいえる方法で突き進んでいく。■急成長したアマゾンの手法がわかる!ジェフ・ベゾスとアマゾンの経営手法は独特だ。10年以上先を見据えて、必要とあれば赤字もまったくいとわない。買収したい会社があれば、相手の体力が尽きるまで価格競争を仕掛けて追い込む。投資家から批判されても、巨大な物流システムやクラウド「AWS」、電子書籍「キンドル」などの新規事業には、巨額の投資を続ける。電子書籍の普及に向けて、出版社には言わずに卸値を下回る1冊9ドル99セントで電子書籍を売りまくる。数字と情熱を重要視する合理的で冷徹な手法を解説している。■ベテラン記者がベゾスの許可を得て記した最高のノンフィクション著者は、ニューズウィーク誌、ニューヨーク・タイムズ紙、ビジネスウィーク誌でジェフ・ベゾスやアマゾンの記事を書いていたベテラン記者。ジェフ・ベゾス自身はマスコミ嫌いで有名だが、長年の著者の実績から、本書に関しては、ジェフ・ベゾス自身がアマゾン幹部や親族や友人への取材を許可した。著者は本書のために、300回以上も関係者に取材。ベゾス自身が40年以上音信不通だった実の父も探し当てて話を聞いた。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ジェフ・ベゾス 果てなき野望のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ショッピングサイトにはじまり、電子書籍、クラウド、新聞も宇宙事業も……。ベゾスの真の姿と未来を明かす。
    アマゾンは書籍のネット通販サイトとしてスタートしたが、取扱品目を拡大し、いまでは日常生活の買い物をすべて済ませられると思えるほどになっている。また、電子書籍ではキンドルを普及させ、市場で圧倒的な存在となった。さらに、アマゾンウェブサービスというクラウドサービス(インターネット経由でのソフトウェアやデータなどさまざまなコンピューティング能力の提供)の分野でも世界のトップ企業だ。アマゾンはなぜ、貪欲なまでに事業を拡張し続けるのか。本書は、アマゾンを一代で築いた創業者、ジェフ・ベゾスの伝記であり、彼がさまざまな業界に変革をもたらしていった経緯を明らかにしている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2014年12月26日