レビューはありません
果汁戦隊☆フルーツレンジャー

敵に捕まりアジトまで連れて来られたピーチ。闘技場の中央に引き出され、謎の人物と対面します。観客席を埋め尽くす戦闘員達に囲まれながらも、気丈さを保つピーチ。「よく来た。おまえがフルーツレンジャーのピーチか?」「そうよ。そう言うあんたは誰?人に名前を聞く前に、名乗ったらどう?」「フッ、これは失礼。俺はP☆TTの総統、ストロベリーコーンだ。少しの間、覚えておいてもらおう」「ストロベリーコーン総統……あんたが」ピーチの気丈さに感心する総統。ニヤリと笑い、その目的を話します。「知れたこと。ここで怪人どもに嬲り殺される貴様の姿を見せて、部下達の士気を高めてやるのさ」「……ふん、悪趣味な見世物ね。さすがだわ」何とか嫌味を言うものの、頭から血の気が引いていくのが分かったピーチ。武器を奪われ、仲間もいない。これでは確かに、嬲り者にされてしまうだろう。助けを期待しようにも、みんなはここの場所を知らない。助かる可能性は、皆無に近かった。「ふっ、いい表情だ。だが絶望するのはまだ早いぞ。おまえにチャンスをやろう」「……チャンス?」敵に塩を送ろうとでも言うような言葉に、俯きかけていた顔をあげる。「おまえの相手をさせるために3体の怪人を用意してある。そいつらと戦って生き残ることができれば、殺さないでやろう」にわかには信じられない。だが、逃げ道も無い。「それでどうするんだ?こっちの提案を受け入れて戦ってみるか?それとも大人しく殺されるか?」「……やるわよ。黙って殺されるなんてまっぴらだわ」「フッ、そうこなくてはな」ピーチの答えを聞いて、‘ストロベリーコーン’はニヤッと嫌な笑みを浮かべる。嫌な奴。正直、ピーチにとってかなり不利な条件だった。そもそもこんな奴の言葉を信じていいものかどうか……。……見てなさいよ、絶対に一矢報いてやるんだから!!

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。