常識を捨てればスキルアップする 筋肉の使い方育て方

1500円 (税別)

獲得ポイント 15pt (1%還元)

1.まえがき2.第1章常識の功罪3.常識の功罪4.先達の教え5.鍛えると弱くなる6.筋肉を鍛えてはいけない7.急性心筋梗塞の原因8.心筋梗塞と急性心筋梗塞の違い9.腹直筋を固めるな10.四段筋を鍛えて何の効果があるの11.努力するな12.頑張ってはいけない13.老いと筋肉14.アンチエイジング15.肉体の老化16.老化をつくる筋肉とは17.加齢臭18.スポーツはからだを老化させる19.集中するな20.集中しない目21.コリを解す22.筋肉は刺激に反応して固まっていく23.花粉症も反応24.放射線で何故ガンになるのか25.指圧、もみ療治はコリを助長する26.ストレッチではほぐれない27.よく噛んで食べろ28.噛みすぎればこんな弊害が29.腹式呼吸は間違っている30.腹式呼吸31.胸式呼吸の勘違い32.腹式呼吸の間違い33.腹式呼吸の弊害34.第2章まず筋肉を知ろう35.筋肉36.皮膚組織37.コリの形成38.筋肉の不文律39.伸筋と屈筋40.随意筋41.随意筋を使うには42.主動筋43.筋肉理論の誤り44.本能の動きを変える45.主動筋の使い方46.意識を使って筋肉を動かす47.筋肉の連動とは48.屈筋を使用する場合49.伸筋を使用する場合50.筋肉は思考し記憶する51.筋肉が出来事を記憶する52.第3章姿勢と筋肉53.姿勢について国民は総無関心54.良い姿勢の定義55.姿勢と筋肉の関わり56.悪い姿勢は原因不明の病気をつくる57.パソコンの操作がうつ病をつくる58.このような姿勢がからだを壊す59.座る60.正座と胡坐座の良否61.胡坐座の座り方62.立った姿勢からの半跏趺坐の座り方63.適した椅子とは64.椅子の高さ65.立ち方66.立つ姿勢67.理想的な立ち方68.臍(へそ)折り69.へそ折りは冷え性をつくる70.腎機能障害をつくる71.肝機能傷害をつくる72.仰臥、横臥、寝返り73.仰臥姿勢74.横臥姿勢75.第4章筋肉の使い方76.主動筋を使うための準備動作77.力を抜くのでなく、入れないことだ78.折れない腕79.掴む技術80.型をつくって掴む81.ながら動作82.間違っているこんな例83.筋肉の使い方84.筋肉をセルフコントロールするには85.運動の名称86.筋の部位の名称87.適切な筋肉を使う訓練をする前の注意88.上肢の使い方89.上半身の使い方90.下肢の使い方91.主動筋の使い分けテスト法92.検査法93.Oリングテスト94.M式テスト95.検査法の理論96.押すときの筋肉の使い方97.押すための筋肉98.力比べをする時99.引くときの筋肉の使い方100.引くときの筋肉の使い方101.第5章高度な筋肉の使い方102.崩し103.二方向力104.消えていく技の冥利105.技の復元1106.二方向力の解説107.技の復元2108.化勁109.化勁を受けたときどうなるか?110.第6章日常動作の筋肉の使い方111.日常生活の動作の検証112.日常生活の動作113.棘にさわるな114.頭半棘筋を使う姿勢115.棘上筋116.棘下筋117.仙棘筋118.歩く119.悪い歩き方はからだを壊す120.踵を先について歩く121.腕を振って歩く122.腕を揺らして歩く123.わたしの歩行法124.水の飲み方125.エンピツを持つ126.包丁の使い方127.フライパンの使い方128.ハンマーの使い方129.荷物を持つ130.ビールの味が変わる131.第7章運動を楽しむために132.スポーツはからだに悪い133.ウォーキングはからだに悪い134.なぜ糖尿病になるのか?135.糖尿病の人を歩かせるな136.高血圧症の人もウオーキングは最悪137.ランニング138.体重移動139.筋肉の使い方140.ランニングの呼吸法141.口呼吸と鼻呼吸142.呼吸のピッチ143.あとがき

カゴに追加 1500 円(税別)

1.まえがき2.第1章常識の功罪3.常識の功罪4.先達の教え5.鍛えると弱くなる6.筋肉を鍛えてはいけない7.急性心筋梗塞の原因8.心筋梗塞と急性心筋梗塞の違い9.腹直筋を固めるな10.四段筋を鍛えて何の効果があるの11.努力するな12.頑張ってはいけない13.老いと筋肉14.アンチエイジング15.肉体の老化16.老化をつくる筋肉とは17.加齢臭18.スポーツはからだを老化させる19.集中するな20.集中しない目21.コリを解す22.筋肉は刺激に反応して固まっていく23.花粉症も反応24.放射線で何故ガンになるのか25.指圧、もみ療治はコリを助長する26.ストレッチではほぐれない27.よく噛んで食べろ28.噛みすぎればこんな弊害が29.腹式呼吸は間違っている30.腹式呼吸31.胸式呼吸の勘違い32.腹式呼吸の間違い33.腹式呼吸の弊害34.第2章まず筋肉を知ろう35.筋肉36.皮膚組織37.コリの形成38.筋肉の不文律39.伸筋と屈筋40.随意筋41.随意筋を使うには42.主動筋43.筋肉理論の誤り44.本能の動きを変える45.主動筋の使い方46.意識を使って筋肉を動かす47.筋肉の連動とは48.屈筋を使用する場合49.伸筋を使用する場合50.筋肉は思考し記憶する51.筋肉が出来事を記憶する52.第3章姿勢と筋肉53.姿勢について国民は総無関心54.良い姿勢の定義55.姿勢と筋肉の関わり56.悪い姿勢は原因不明の病気をつくる57.パソコンの操作がうつ病をつくる58.このような姿勢がからだを壊す59.座る60.正座と胡坐座の良否61.胡坐座の座り方62.立った姿勢からの半跏趺坐の座り方63.適した椅子とは64.椅子の高さ65.立ち方66.立つ姿勢67.理想的な立ち方68.臍(へそ)折り69.へそ折りは冷え性をつくる70.腎機能障害をつくる71.肝機能傷害をつくる72.仰臥、横臥、寝返り73.仰臥姿勢74.横臥姿勢75.第4章筋肉の使い方76.主動筋を使うための準備動作77.力を抜くのでなく、入れないことだ78.折れない腕79.掴む技術80.型をつくって掴む81.ながら動作82.間違っているこんな例83.筋肉の使い方84.筋肉をセルフコントロールするには85.運動の名称86.筋の部位の名称87.適切な筋肉を使う訓練をする前の注意88.上肢の使い方89.上半身の使い方90.下肢の使い方91.主動筋の使い分けテスト法92.検査法93.Oリングテスト94.M式テスト95.検査法の理論96.押すときの筋肉の使い方97.押すための筋肉98.力比べをする時99.引くときの筋肉の使い方100.引くときの筋肉の使い方101.第5章高度な筋肉の使い方102.崩し103.二方向力104.消えていく技の冥利105.技の復元1106.二方向力の解説107.技の復元2108.化勁109.化勁を受けたときどうなるか?110.第6章日常動作の筋肉の使い方111.日常生活の動作の検証112.日常生活の動作113.棘にさわるな114.頭半棘筋を使う姿勢115.棘上筋116.棘下筋117.仙棘筋118.歩く119.悪い歩き方はからだを壊す120.踵を先について歩く121.腕を振って歩く122.腕を揺らして歩く123.わたしの歩行法124.水の飲み方125.エンピツを持つ126.包丁の使い方127.フライパンの使い方128.ハンマーの使い方129.荷物を持つ130.ビールの味が変わる131.第7章運動を楽しむために132.スポーツはからだに悪い133.ウォーキングはからだに悪い134.なぜ糖尿病になるのか?135.糖尿病の人を歩かせるな136.高血圧症の人もウオーキングは最悪137.ランニング138.体重移動139.筋肉の使い方140.ランニングの呼吸法141.口呼吸と鼻呼吸142.呼吸のピッチ143.あとがき

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 常識を捨てればスキルアップする 筋肉の使い方育て方
  • 著者名: 眞々田昭司
  • eBookJapan発売日: 2014年05月25日
  • 出版社: ゴマブックス
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 26.3MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 健康
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。