書籍の詳細

すべての“風呂”は、“ローマ”に通ず。「マンガ大賞2010」と「第14回手塚治虫文化賞短編賞」をW受賞、実写映画(主演:阿部寛)も記録的な大ヒットとなった超ベストセラー・爆笑コミック! 紀元前128年、第14代皇帝ハドリアヌスが統治し、かつてない活気に溢れているローマ。すべてに斬新さが求められるこの時代、古き良き浴場を愛する設計技師のルシウス・モデストゥスは、生真面目すぎる性格が時代の変化に合わず、職を失ってしまう。落ち込むルシウスは友人に誘われた公衆浴場から、突然現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまい……!?

総合評価
4.3 レビュー総数:5件
評価内訳

テルマエ・ロマエのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • どうなる、どうする!!
    一話読む度に次はどうなるんだろう?どうするんだろう?
    と考えてしまいますが作者のアイディアに脱帽です。
    掛け値無しに面白い漫画。
    読まないと損する漫画です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月19日
  • 風呂系コメディ漫画
    主人公@ローマ帝国時代の風呂建築家がひょんなことで現代日本にタイムスリップ→進んだ?風呂文化に関心したらまたひょんなことで元の時代に戻る→日本の風呂文化をローマ風にして取り入れて問題を解決!な調子で進むコメディ漫画。
    ローマ風に取り入れるところで、変に機械文明とか取り入れずに工夫しているところがまたいい。
    上の話の流れで面白そうと思ったのなら立ち読みして買ってみてよし。
    なんでタイムスリップするのかとかそういう細かいことは考えてはいけません。完全コメディなのですから。
    7巻でほどよく終わる作品ですので、重たいシリアスものや怖いホラーものに食傷気味なあなたにどうぞ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月19日
  • 匿名希望
    お風呂好きにはお勧め!
    日本人ならではのお風呂愛がある人にはたまらない作品でしょう!!
    自宅のお風呂も銭湯も、スパリゾートも大好きな私にはたまらない作品でした!!!
    日本人と外国人のお風呂に対する価値観の差はいつも深く感じています。
    海外で生活してたとき日本のお風呂がどれだけ恋しかったか!!
    日本の家族や友人にもお風呂好きの私が日本のお風呂に入れない事を心配されてた有様ι
    日本人の為に日本式のお風呂を用意したホテルに泊まったりしましたが、やはり汚れを落とす場前提の造りであり、いくらシャワーヘッドを固定ではなくホース式にしたところで日本人が求めるお風呂ではありませんでした…。
    その国の人にとって疲れを取る場はベッドなんですよね。

    お風呂は清潔感を保つ場であり、安らぎの場、そして楽しむ場!!
    それを追求していくルシウスが素敵だし、作者の方も海外で日本のお風呂に飢えていたのかなって思いました。(笑)

    ルシウスはローマ人としての誇り高さと、テルマエを追求する素晴らしい職人であるのに、男としては…なところや、日本語を一生懸命真似して喋ろうとする姿が可愛くてたまりません。
    シツタタマース。(笑)
    • 参考になった 4
    投稿日:2013年09月04日
  • テルマエ・ロマエ
    あれは、2007年のある日のこと。担当していた三宅乱丈さんから紹介され、とある女性漫画家さんの作品のネーム(=絵コンテ)を拝見しました。かなり「変わった」発想から作られたコメディーで、個人的には大好きだったのですが、「まあ、好事家には受けるかもしれないかな…」という感じのネタ。「でも読切だし、良いだろう」と、月刊コミックビーム掲載を決定したのです。漫画家さんはヤマザキマリさん、作品タイトルは『テルマエ・ロマエ』。まさかこんな超クラスのビッグヒットになるなんて。いやあ、人生って、面白いなあ。生涯忘れることのできないタイトルとなった今作も、いよいよ完結。映画の第2弾も絶賛制作中(2014年GW公開予定)でーす。
    投稿日:2013年07月26日
  • 今までと違った感じの漫画読みたいな…と思っていた時にちょうどこの漫画に出会いました(゜□゜;)まず表紙からして…美術書にのっているような石像が風呂桶をもってタオルを肩にかけている…。何かがおかしい!!これは読むしかない!!と思いました。他の漫画にはない新しいジャンル!と私の中では思っています(笑)ルシウスのまじめな性格とローマ人ならではの豊か表現に爆笑しながら一気に読んでしまいました。私なんてはまりにはまって終いにはコラボされた某観光地のお風呂施設にまでいくでかける始末(^w^;)!いつのまにかアニメ化され、さらには映画化までも!!!これからの展開が楽しみな作品です♪
    • 参考になった 2
    投稿日:2012年03月09日