書籍の詳細

ラブコメの新鋭・水瀬マユ最新作は恋愛×人外×徳島!染物屋の跡取り息子・陸は、思いを寄せる幼なじみと県外への進学を夢見ていたが、一族に伝わる約束により許嫁・ミヨと無理やり会わせられてしまう。しかしミヨにはとんでもない秘密が!?元気で健気なミヨが恋に弾ける、徳島出身の水瀬が故郷を舞台に描く青春ラブファンタジー。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

姫さま狸の恋算用のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • いわゆる昔話の世界では、イタズラ好きだったり、おっちょこちょいだったり、ヒールだったり、あまり格好よく描かれることのないタヌキですが、先方的にはどうなんでしょうか。人間の勝手な解釈で、若干ネガティブなキャラに仕立て上げられるのはもう、うんざりなんだよ!!!やってやんぞコラっ!!!人間上等!!!って思ってるかもしれないですね。ホントに申し訳ありませんでした。eBookJapanを代表して謝りたいと思います。そんな怒り心頭・高血圧・高コレステロール値のタヌキのみなさん、朗報です! 双葉社さんから非常に興味深いコミックが出ていますよ、みなさん! 『姫さま狸の恋算用』をご紹介いたします。舞台は徳島県(日本のタヌキ界における首都的存在ですね)。染物屋の跡取り息子・陸の目の前に現れた許嫁のミヨちゃん(かわいい)。実はタヌキ(タヌキになってもそれはそれでかわいい)。実は陸もタヌキに…(注目ポイント)。このコミックによって、タヌキ界と人間界に新たなる一石が投じられることを願ってやみません。今後の展開もとても気になりますね。きっとみなさんも、タヌキに対する考え方が少しだけ変わりますよ。タヌキと人間が偉大な一歩を踏み出したような気がします。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年07月08日