レビューはありません
担当編集者が見た「素顔の城山三郎」―新潮45 eBooklet 手記編2

「城山さんをぶっきらぼうでとっつきにくいと言う人もいるが、それはTV画面によく登場する、多幸症的な大げさな笑いと身振り、照れや含蓄の全くない饒舌などに慣れてしまったからだろう。」昔からシャイで無口、自分の作品の主人公たちと同様に「生涯一書生」の姿勢で一貫していた城山三郎。半世紀にわたり編集担当として氏の伴走をし続けてきた著者の綴る、人間・城山三郎への惜別。

  • 200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 2pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。