書籍の詳細

生物科学が発達し、紛争の手段が生体兵器になった時代、改造され最凶を競う兵器の暴走事件が多発しはじめた。それと同時に「鎮圧部隊」やフリーの「鎮圧屋」も出現、終わりなきクリーチャー同士の戦いが続く…。造形作家・韮沢靖の疾走サイバーパンクコミック!!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ファントムコアのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • もう少し
    本業がイラストレーターさんとの事で仕方ない部分でしょうけど、
    キャラクターのクオリティーの高さにアクションシーンが追いついていないです。
    このコマのキャラクターはどこを向いてるのか分からない事しばしば…。
    ユーモアがある内容だけにキャラクターの動きがもっと自然ならスゴイ漫画だと思いました。
    SFファンタジー好きにはオススメです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年11月09日