書籍の詳細

エヌ博士の研究室を襲った強盗。金のもうかる薬を盗んだのはよかったけれど……。女性アレルギーの名探偵のもとに届いた大きな箱。その箱の中に入っていたものは……。別荘で休暇を過すエヌ氏のもとに、突然かかってきた電話。なんとその電話は江戸時代の霊魂からだった……。卓抜なアイデアと奇想天外なユーモアで、不思議な世界にあなたを招待するショートショート31編。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

エヌ氏の遊園地のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 冷たいのにやさしい
    なぜ今更と思いながら時々無性に読みたくなるのです。星新一、ショートショート。
    教科書に載っていた「おーい、でてこーい」。日本SF界二大巨塔と言えばまあ小松左京氏と星新一かなとか。エヌ氏と言えば酒造会社のCM。表面的な情報はパッパッと思い出せます。
    作風として、人間の愚かさ浅ましさ、社会の虚しさ、人間や社会というものを、すごくニヒルに突き放して見ているような印象は、しばしば星新一氏の経歴に絡めて語られたりしているようですが。
    星薬科大学の創立者の一族、星製薬の御曹司でありながら、経営が傾いたために後継者として債鬼に追われ、人の裏や嫌な面も散々見たのでしょう、作家として一流になる前は、筆舌に尽くしがたい辛酸を舐めることになられたとか。
    でも、私は愚かさ浅ましさ虚しさを描いているようで、そんな人間と社会に対する作者のやさしい視線も感じるのです。
    アイデアや発想の秀逸さや結末の意外性もさることながら、見捨てたり、単に私噴をぶつけてるだけの浅い物には感じません。
    SFは荒唐無稽と見られがちですが、例えば100年先の未来、社会の行く末を見通すような本質的なところがあって結構好きです。今は現実がフィクションに追いつくのが速すぎるなあという気もします。
    何より、短編は隙間時間や寝入りばなに読みやすいし、作者の力量がダイレクトに出やすい気がします。自分にとって新しい作家さんの小説を読むときは、時系列とは限らず、短編があれば必ず短編を読んでから長編を読むことにしています。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年10月26日