書籍の詳細

里沙の結婚、典子のNY留学、そして想いを寄せていた菅谷や親しいキミちゃんの転職と、友人や周囲の環境が変化する麻里子。自身の病気もあってついに転職を決意! NYへ旅行し新たな意欲を沸かせるのだった。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

いつかティファニーで朝食をのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 明日は朝食ちゃんと食べよう!という気分になる1冊!仕事が忙しかったり、何かに疲れていたり…そんな女子たちが朝食をきっかけに、ちょっと前向きになる。そんなお話です。見どころはもちろん朝食! 出てくるお店(実在します!)やご飯が本当~~~に素敵で、こんな朝食のためなら早起きできるかも!?行ってみたいな!と思いつつ、結局ぎりぎりまで寝てしまうので行けていません(笑)
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月16日
  • 朝食、食べないんですよねぇ。平日はギリギリまで寝ていたいし、休日は起きると昼……。毎朝キチンとした朝食なんて夢のまた夢です、でもホントは朝食摂りたいんですよ。旅行で泊まったホテルの朝バイキングとか、和朝食とかたまらないじゃないですか。この作品では、アラサー女子の日常を描いた物語に絡めながら、さまざまな“朝食”が出てきます。カフェやベーカリーといったシャレオツ系から、築地場外、はては名古屋駅のきしめんスタンドまで、どれもこれもまぁ美味そうなんですよ。で、どの朝食も“その日の活力”になっているんですね。これを読むとたまには早起きして朝食のためだけに電車に乗る、なんてことをしたくなります。とりあえず作中にも描かれていて近場だけども朝は行ったことが無い「ベルク」(新宿駅)に猛烈に行きたくなっております。
    • 参考になった 5
    投稿日:2014年07月15日
  • ついにリリースされました!お待たせいたしました。新潮社の作品が大量にリリースされたわけですが、こちらは今注目されている作品の一つです!28歳の東京で彼と同棲していた主人公の『ダメな朝食』シーンから始まります。もうこの時点で「ああーうまくいかないよね、この感じは…」と思ってしまいました。私もずっと朝食は会社に来てコンビニのサンドウィッチ等を食べる…と言う習慣だったのですが最近脱却!朝食の大切さをかみしめております。本当にいい気分!知らなかった幸福感!いつもより30分早く起きて自分でちょっと用意して食べる朝食のうまさ。。こちらの作品は外においしい朝食を食べに行くことからスタートするのですが、今はやりのハワイ系とかパンケーキとかbillsのスクランブルエッグとか。まあなんであんなに並ぶんだ!と嫌気を指している方もいらっしゃると思いますが流行だけではない、そして流行る理由が時代にあるのだと思います。主人公の仕事や恋愛の悩み等、見どころや共感できる部分もあるかと思います。そしてそして何と言ってもおいしいものをいい気分で食べたときの気持ちの表現が…とってもいい感じです!3巻には名古屋駅の有名きしめん立ち食い「住よし」とかも出てくるようです☆
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月27日