歌麿 美人画

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

浮世絵の代名詞、喜多川歌麿の傑作選!!解説付きだから面白い!!浮世絵といえば歌麿、美人画といえば歌麿、歌麿美人は天下一!葛飾北斎、写楽、歌川広重、歌川国芳――天才浮世絵師と言われる画家は数多くいるものの、その中でも傑出し、浮世絵の代名詞にもなっているのが喜多川歌麿。その50数年の生涯は、ひたすらに浮世絵の深奥を追い続けるものであり、ついには独自の美人大首絵のスタイルを作り出した。そして、この美人大首絵こそ歌麿が他の浮世絵師と一線を画している最大の要因である。最下級の女郎から遊郭に生きた名妓、そして水茶屋の評判娘など一般風俗の女たちまで、あらゆる女性を描いた歌麿による美人画の中から、特に傑作と思われるものを厳選し、解説も加えた。喜多川歌麿の世界を存分にお楽しみいただきたい。【喜多川歌麿プロフィール】喜多川歌麿は、江戸時代に活躍した浮世絵師。代表作に、『画本虫撰(えほんむしえらみ)』、『婦女人相十品』など。美人大首絵の先駆者で、表情や姿態を通して、描かれた人物の感情、感覚、生理、内面までをも描き出した。歌麿自身も『錦織歌麿新模様(にしきおりうたまろしんもよう)』で、以下のように語っている。「私の活筆によれば、どのように簡略に書いたとしても女性はみな西施(古代中国の美女)のように美しく魅力的なものになる。」【目次】まえがき◆喜多川歌麿について◆作品1.四季遊花之色花上(しきあそびはなのいろかじょう)2.四季遊花之色花下3.青楼仁和嘉女芸者部獅子多満屋おいと(せいろうにわかおんなげいしゃぶ)4.青楼仁和嘉女芸者部大万度末ひろ屋志満富とミ吉5.婦女人相十品文読む女(ふじょにんそうじっぽんふみよむおんな)6.婦人相学十躰浮気之相(ふじんそうがくじったいうわきのそう)7.婦人相学十躰かねつけ8.歌撰恋之部夜毎に逢恋(かせんこいのぶよるごとにあうこい)9.歌撰恋之部深く忍恋(しのぶこい)10.歌撰恋之部物思恋(ものおもうこい)11.北国五色墨川岸(ほっこくごしきずみかし)12.当時全盛美人揃越前屋内唐土(とうじぜんせいびじんぞろええちぜんやないもろこし)13.青楼仁和嘉女芸者部浅妻船扇売歌枕(せいろうにわかおんなげいしゃぶあさづまぶねおおぎうりうたまくら)14.当世踊子揃吉原雀(とうせいおどりこぞろい)15.富本豊雛(とみもととよひな)16.当時全盛美人揃瀧川17.娘日時計午ノ刻(むすめひどけいうまのこく)18.娘日時計申ノ刻19.咲分ヶ言葉の花(さきわけことばのはな)20.婦人泊り客之図(1)21.婦人泊り客之図(2)22.婦人泊り客之図(3)23.鮑取り(1)(あわびとり)24.鮑取り(2)25.鮑取り(3)26.螢狩り(1)27.螢狩り(2)28.螢狩り(3)◆喜多川歌麿略年譜おわりに

カゴに追加 300 円(税別)

浮世絵の代名詞、喜多川歌麿の傑作選!!解説付きだから面白い!!浮世絵といえば歌麿、美人画といえば歌麿、歌麿美人は天下一!葛飾北斎、写楽、歌川広重、歌川国芳――天才浮世絵師と言われる画家は数多くいるものの、その中でも傑出し、浮世絵の代名詞にもなっているのが喜多川歌麿。その50数年の生涯は、ひたすらに浮世絵の深奥を追い続けるものであり、ついには独自の美人大首絵のスタイルを作り出した。そして、この美人大首絵こそ歌麿が他の浮世絵師と一線を画している最大の要因である。最下級の女郎から遊郭に生きた名妓、そして水茶屋の評判娘など一般風俗の女たちまで、あらゆる女性を描いた歌麿による美人画の中から、特に傑作と思われるものを厳選し、解説も加えた。喜多川歌麿の世界を存分にお楽しみいただきたい。【喜多川歌麿プロフィール】喜多川歌麿は、江戸時代に活躍した浮世絵師。代表作に、『画本虫撰(えほんむしえらみ)』、『婦女人相十品』など。美人大首絵の先駆者で、表情や姿態を通して、描かれた人物の感情、感覚、生理、内面までをも描き出した。歌麿自身も『錦織歌麿新模様(にしきおりうたまろしんもよう)』で、以下のように語っている。「私の活筆によれば、どのように簡略に書いたとしても女性はみな西施(古代中国の美女)のように美しく魅力的なものになる。」【目次】まえがき◆喜多川歌麿について◆作品1.四季遊花之色花上(しきあそびはなのいろかじょう)2.四季遊花之色花下3.青楼仁和嘉女芸者部獅子多満屋おいと(せいろうにわかおんなげいしゃぶ)4.青楼仁和嘉女芸者部大万度末ひろ屋志満富とミ吉5.婦女人相十品文読む女(ふじょにんそうじっぽんふみよむおんな)6.婦人相学十躰浮気之相(ふじんそうがくじったいうわきのそう)7.婦人相学十躰かねつけ8.歌撰恋之部夜毎に逢恋(かせんこいのぶよるごとにあうこい)9.歌撰恋之部深く忍恋(しのぶこい)10.歌撰恋之部物思恋(ものおもうこい)11.北国五色墨川岸(ほっこくごしきずみかし)12.当時全盛美人揃越前屋内唐土(とうじぜんせいびじんぞろええちぜんやないもろこし)13.青楼仁和嘉女芸者部浅妻船扇売歌枕(せいろうにわかおんなげいしゃぶあさづまぶねおおぎうりうたまくら)14.当世踊子揃吉原雀(とうせいおどりこぞろい)15.富本豊雛(とみもととよひな)16.当時全盛美人揃瀧川17.娘日時計午ノ刻(むすめひどけいうまのこく)18.娘日時計申ノ刻19.咲分ヶ言葉の花(さきわけことばのはな)20.婦人泊り客之図(1)21.婦人泊り客之図(2)22.婦人泊り客之図(3)23.鮑取り(1)(あわびとり)24.鮑取り(2)25.鮑取り(3)26.螢狩り(1)27.螢狩り(2)28.螢狩り(3)◆喜多川歌麿略年譜おわりに

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。