わが闘争

250円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

第二次世界大戦を引き起こしたヒトラーの思想をたどる自叙伝『わが闘争』は、原題『MeinKampf』(ドイツ語)という、かの有名なナチス党指導者アドルフ・ヒトラーによって執筆されたものです。1923年11月のミュンヘン一揆の失敗後、収監されていた際に執筆を開始したといわれています。『わが闘争』は第2巻まで出版されており、第1巻では、ヒトラーが自分の生い立ちを振り返りながら、ナチ党の結成に至るまでの経緯が記述されています。特に、ヒトラー自身の幼年期と反ユダヤおよび軍国主義的となったウィーン時代を詳細に記述しています。第2巻では、ヒトラーの政治手法、群衆心理についての考察とプロパガンダのノウハウのほか、戦争や教育などさまざまな分野についても論じています。『わが闘争』は、ドイツ以外でも多くの言語に翻訳され出版されています。本書の評価は賛否様々ありますが、1920年代当時の彼の持っていた政治的世界観を知る貴重な資料であり、反ユダヤおよび軍国主義へ突き進み、第二次世界大戦へと突入したヒトラーの思考を知る材料となります。本書は、英訳訳版『わが闘争』第1巻、第2巻の全文を1つにまとめた電子書籍です。《目次》第1章『わが闘争』解説第2章わが闘争英語版i.FOREWARDfromLandsbergAmLech,FortressPrisonVolumeOne:AReckoningChapterI:InTheHouseOfMyParentsChapterII:YearsofStudyandSufferinginViennaChapterIII:GeneralPoliticalConsiderationsBasedonMyViennaPeriodChapterIV:MunichChapterV:TheWorldWarChapterVI:WarPropagandaChapterVII:TheRevolutionChapterVIII:TheBeginningofMyPoliticalActivityChapterIX:The’GermanWorkers’Party’ChapterX:CausesoftheCollapseChapterXI:NationandRaceChapterXII:TheFirstPeriodofDevelopmentoftheNationalSocialistGermanWorkers’PartyVolumeTwo:TheNationalSocialistMovementChapterI:PhilosophyandPartyChapterII:TheStateChapterIII:SubjectsandCitizensChapterIV:PersonalityandtheConceptionoftheFolkishStateChapterV:PhilosophyandOrganizationChapterVI:TheStruggleoftheEarlyPeriod--TheSignificanceoftheSpokenWordChapterVII:TheStrugglewiththeRedFrontChapterVIII:TheStrongManisMightiestAloneChapterIX:BasicIdeasRegardingtheMeaningandOrganizationoftheSAChapterX:FederalismasaMaskChapterXI:PropagandaandOrganizationChapterXII:TheTrade-UnionQuestionChapterXIII:GermanAlliancePolicyaftertheWarChapterXIV:EasternOrientationorEasternPolicyChapterXV:TheRightofEmergencyDefenseCONCLUSION第3章アドルフ・ヒトラー略年表

カゴに追加 250 円(税別)

第二次世界大戦を引き起こしたヒトラーの思想をたどる自叙伝『わが闘争』は、原題『MeinKampf』(ドイツ語)という、かの有名なナチス党指導者アドルフ・ヒトラーによって執筆されたものです。1923年11月のミュンヘン一揆の失敗後、収監されていた際に執筆を開始したといわれています。『わが闘争』は第2巻まで出版されており、第1巻では、ヒトラーが自分の生い立ちを振り返りながら、ナチ党の結成に至るまでの経緯が記述されています。特に、ヒトラー自身の幼年期と反ユダヤおよび軍国主義的となったウィーン時代を詳細に記述しています。第2巻では、ヒトラーの政治手法、群衆心理についての考察とプロパガンダのノウハウのほか、戦争や教育などさまざまな分野についても論じています。『わが闘争』は、ドイツ以外でも多くの言語に翻訳され出版されています。本書の評価は賛否様々ありますが、1920年代当時の彼の持っていた政治的世界観を知る貴重な資料であり、反ユダヤおよび軍国主義へ突き進み、第二次世界大戦へと突入したヒトラーの思考を知る材料となります。本書は、英訳訳版『わが闘争』第1巻、第2巻の全文を1つにまとめた電子書籍です。《目次》第1章『わが闘争』解説第2章わが闘争英語版i.FOREWARDfromLandsbergAmLech,FortressPrisonVolumeOne:AReckoningChapterI:InTheHouseOfMyParentsChapterII:YearsofStudyandSufferinginViennaChapterIII:GeneralPoliticalConsiderationsBasedonMyViennaPeriodChapterIV:MunichChapterV:TheWorldWarChapterVI:WarPropagandaChapterVII:TheRevolutionChapterVIII:TheBeginningofMyPoliticalActivityChapterIX:The’GermanWorkers’Party’ChapterX:CausesoftheCollapseChapterXI:NationandRaceChapterXII:TheFirstPeriodofDevelopmentoftheNationalSocialistGermanWorkers’PartyVolumeTwo:TheNationalSocialistMovementChapterI:PhilosophyandPartyChapterII:TheStateChapterIII:SubjectsandCitizensChapterIV:PersonalityandtheConceptionoftheFolkishStateChapterV:PhilosophyandOrganizationChapterVI:TheStruggleoftheEarlyPeriod--TheSignificanceoftheSpokenWordChapterVII:TheStrugglewiththeRedFrontChapterVIII:TheStrongManisMightiestAloneChapterIX:BasicIdeasRegardingtheMeaningandOrganizationoftheSAChapterX:FederalismasaMaskChapterXI:PropagandaandOrganizationChapterXII:TheTrade-UnionQuestionChapterXIII:GermanAlliancePolicyaftertheWarChapterXIV:EasternOrientationorEasternPolicyChapterXV:TheRightofEmergencyDefenseCONCLUSION第3章アドルフ・ヒトラー略年表

レビューはありません
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。