不死の猟犬 (6)

620円 (税別)

獲得ポイント 通常7pt(1%還元) → 124pt(20%還元)

敵陣深く切り込む剣崎。そこに降り立ったのはUNDOの副官・栗林カメリア、またの名を「椿(つばき)」! 不死の者同士、最強の者同士、前代未聞の「殺せない一騎討ち」が始まる!

無料立ち読み(15ページ)

カゴに追加 620 円(税別)

敵陣深く切り込む剣崎。そこに降り立ったのはUNDOの副官・栗林カメリア、またの名を「椿(つばき)」! 不死の者同士、最強の者同士、前代未聞の「殺せない一騎討ち」が始まる!

  • ポイントUP
  • 紙と同時
平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

ユーザーのレビュー

『死=復活』の世界

全人類が事故や病気などで死ぬと数秒後に健康体として『復活』する世界。
寿命以外の『死』が存在しないはずの世界で流行し始めた復活不全症RDSという死の病。
ベクターと呼ばれる感染者を駆除する為に国は警察を動員して検挙を始めるが、
それを妨害する謎の組織「逃がし屋」が活動を始めた。
ちょっとあらすじだけでは想像できない感じですが、
個人的ジャンルとしてはバイオレンスアクションサスペンス刑事モノ的な感じです。
刑事サイドと逃がし屋サイドにそれぞれ主人公が配置されて物語が動いていきます。
勘と鋭い洞察で動く刑事サイド、圧倒的な戦闘力で妨害を撥ね退ける逃がし屋サイド。
それぞれに魅力があり、さらに世界感自体も謎めいていて中々面白いです。
特に復活の世界感が文化レベルで定着している事も面白い。
死の排除された世界がこういう風にモノを考えるのかとも。
1巻のラストからは早く続きが読みたくなるような展開なのも良いですね。
試し読みはページ数が少なくて残念なので是非手にとって見てください。
オススメポイントは
無口無表情地味系美人事務員がセーラー服で機関銃ぶっぱな所です。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。