書籍の詳細

都心に佇む中規模の高級ホテル「ホテルキャピタル白金平」。地元の白金平商店街と提携して集客アップを目指すホテルは、企業アドバイザーにして心理士という一面を持つ九音響也を雇う。行動から人の心を読み取る天才、九音響也がコンシェルジュとしてプラチナ級のサービスを魅せる!!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

コンシェルジュ プラチナムのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • どうにも気持ち悪い
    初代の無印「コンシェルジュ」は地道に積み重ねた知識と人脈と最終的には客へのホスピタリティで難題を解決していくのが爽快だった。
    本作「コンシェルジュ プラチナム」では心理士が登場し、お客の心情を読み取ってビジネスに活かしていくが、客の心を見透かすようで、どうにも気持ち悪くて好きになれなかった。無印の「客のための気配り・気遣い」というのとは全く別物だと思うんだよね。
    実際のビジネスでも心理学を取り入れて顧客対応を向上する例はあるだろうが、その場合はマスで見た場合の顧客のニーズであって、一人ひとりの心を読むわけではない。
    初代がとても面白かった分、本作は少々受け入れらなかった。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月18日