書籍の詳細

西暦3005年、7世紀ぶりに火星への有人飛行を成し遂げた人類。すでに廃墟と化し、水も酸素もないかつての入植地で、探査船乗組員は1人の女と出会う。その後、帰還中に探査船は地球周回軌道上で大破。発見された乗組員の遺体は未知のウイルス【N5Sウイルス】に冒されたまま、軌道上を漂い地上に胞子を撒き散らしていた…。半年後、地球。東亜重工のエージェント、合成人間庚造一は、DRFの管理下にある人工島【9JO】に潜入。そこはすでにN5Sウイルス感染者(ドローン)で満たされていた…!!ウイルスの地表全域拡散まで残り約15時間。造一はN5Sウイルス適応者を探し出し、保護することはできるのか!?弐瓶勉が描いた伝説的SF作品「バイオメガ」が描き下ろしカバーで、強力復活!!巻末には東亜重工エージェント“丁伍宇”の任務を描いた外伝的読切「バイオメガ―interlink―」を収録!!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

BIOMEGAのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    BLAME!好きな人はハマるかも
    まず最初に同作者の作品でやや傾向が違う「BLAME!」と「シドニアの騎士」の中間辺りに発表された作品ですが雰囲気としては「BLAME!」寄りです。
    西暦3000年代の地球でとあるウイルスによって起こったバイオハザードから人類を救うべく戦う主人公の話です。
    4巻の地球でのラストバトルまでは濃い密度のストーリーで描かれていますが、5巻以降は話が急速に進み細かな描写が多く省略されているような印象を受けました。そこに地球でのラストバトル後の時空の歪み?的なものの影響で登場人物の時間軸がずれていることも合わさり一気に話が分りにくくなります。
    とはいえ、物語冒頭からの重要な謎はほぼきちんと回収していますし、ストーリーの要所要所の繋がりはちゃんとあります。特にラストシーンが物語冒頭にかぶせる様な演出だったのが好みでした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月12日