書籍の詳細

東西銀行が抱える多額の不良債権──回収不能のその債権は、裏社会へと流れていた。東西銀行に検察が入るとの噂に、銀行、政治家、裏社会は、総務課長の虹野に全ての責任を被らせ、闇に葬ろうとする。公権力横領捜査官、中坊林太郎は裏社会に流れた金を取り返すべく東西銀行融資調査部へ潜り込み、日本社会の闇へと近づいてゆく──

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

公権力横領捜査官 中坊林太郎のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 2巻で早々に終わっているということは大して面白くないのでは、と正直そんな思いで読み始めたのですが原先生すみませんでした!! もっと続きが……続きが読みたいですバスケしたいです(/TДT)/!!! 内容をざっくりご説明しますと、中坊林太郎というマルサ的な捜査官が、葉巻をくゆらせつつ世の悪者どもを叩き潰していく痛快きわまりないストーリー。いわば原哲夫版『ザ・アンタッチャブル』。ショーン・コネリー(?)も登場してます(本編をご覧くださいw)。それにしてもなんなんでしょう、この心を掴んで離さないズッシリ感のある絵。今さら言うことでもないですが原先生の画ってすごいなー…。オフィスはすげえ静かですがテンション上がりました。「天才・原哲夫」にあらためて圧倒される作品です。原哲夫漫画は、やっぱり人を熱くさせますね。(2012/1/31)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年01月31日