ユーザー評価なし レビューを見る
キスブルー

友坂が親友の野田に恋していると気づいたのは、ほんのちょっとしたことがきっかけだった。いつから好きになっていたのかはわからない。好きな人がいて、だけど、気持ちを告げることはできない。……親友だから。友情と恋愛。境界線ぎりぎりのラブストーリー。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

書店員のレビュー

正直これ書きたくて仕方なかった!以前『三村家の息子』のオススメで、大洋図書の作品で続きが気になって死ねない作品があるとお話しましたが、その中の一つです!当時まだ1巻しか出てなくて、続きが気になって気になってしょうがなかった記憶がありますw木下けい子さんの作品は以前から買っていたものの、いまいちピンとくるものがなかったんですね。でもこの作品で見方がガラリと変わりました。この方の持つ繊細な絵柄と雰囲気が、「親友に恋してしまう」という切ない物語にぴったりマッチしています!木下さんはコメディよりシリアスのほうが私的には断然好みでした。友情と恋愛、境界線ぎりぎりの綱渡りの感情が、本当に切なくて胸が痛くなります。ぱっと見、攻×攻ですが、そこが逆に良かったのかも。二人ともちゃんと男の子で。ちなみに眼鏡が攻めです。友坂の高校時代からの親友・野田は、女にだらしないプレイボーイで二股上等の最低男。友坂はふとしたきっかけで、自分が野田に恋していると気づいてしまう。でも親友だからと気持ちを押し殺すが、バイト先のホモの店長に野田が好きなことを勘付かれ、激しく動揺する。そしてついに友坂の気持ちが野田にバレて、「お前が望むならやれる」という野田の言葉に、二人は体を重ねるが…。いやあ。これほんと切ないです。友坂の気持ち考えるとね…野田はデリカシーなさすぎるね!友坂が必死に気持ちを隠してるのも辛かったですが、やっちゃってからのほうがなんか見てられなかったです…。心理描写が秀逸で、言葉の一つひとつをとっても友坂の切ない想いが伝わってきて、涙が溢れそうになる。これ書きながら何度涙ぐんだことか(´;ω;`)「友情って便利な言葉だ。信頼も愛情もすべてそれで片がつく。」この言葉が印象的でした。親友を好きになる過程が丁寧にじっくりと描かれています。完結巻の2巻では、野田の気持ちにも変化が現れて…。友情と愛情の狭間にあるものは?親友同士のもどかしく、焦れったい恋物語、必見です!! (2012/2/10)
  • 参考になった 4

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。