書籍の詳細

お前と友達でいたいんだよ───親友としての一線を一度は越えたものの、友情を大事にしたいと自分から野田に告げた友坂だが、野田への想いを押し殺すことに苦しくなる。今まで通りになんてできるわけがない、傷つく友坂に、野田の想いは次第に変化していき…。友情と愛情、その狭間にあるものは?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

キスブルーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 正直これ書きたくて仕方なかった!以前『三村家の息子』のオススメで、大洋図書の作品で続きが気になって死ねない作品があるとお話しましたが、その中の一つです!当時まだ1巻しか出てなくて、続きが気になって気になってしょうがなかった記憶がありますw木下けい子さんの作品は以前から買っていたものの、いまいちピンとくるものがなかったんですね。でもこの作品で見方がガラリと変わりました。この方の持つ繊細な絵柄と雰囲気が、「親友に恋してしまう」という切ない物語にぴったりマッチしています!木下さんはコメディよりシリアスのほうが私的には断然好みでした。友情と恋愛、境界線ぎりぎりの綱渡りの感情が、本当に切なくて胸が痛くなります。ぱっと見、攻×攻ですが、そこが逆に良かったのかも。二人ともちゃんと男の子で。ちなみに眼鏡が攻めです。友坂の高校時代からの親友・野田は、女にだらしないプレイボーイで二股上等の最低男。友坂はふとしたきっかけで、自分が野田に恋していると気づいてしまう。でも親友だからと気持ちを押し殺すが、バイト先のホモの店長に野田が好きなことを勘付かれ、激しく動揺する。そしてついに友坂の気持ちが野田にバレて、「お前が望むならやれる」という野田の言葉に、二人は体を重ねるが…。いやあ。これほんと切ないです。友坂の気持ち考えるとね…野田はデリカシーなさすぎるね!友坂が必死に気持ちを隠してるのも辛かったですが、やっちゃってからのほうがなんか見てられなかったです…。心理描写が秀逸で、言葉の一つひとつをとっても友坂の切ない想いが伝わってきて、涙が溢れそうになる。これ書きながら何度涙ぐんだことか(´;ω;`)「友情って便利な言葉だ。信頼も愛情もすべてそれで片がつく。」この言葉が印象的でした。親友を好きになる過程が丁寧にじっくりと描かれています。完結巻の2巻では、野田の気持ちにも変化が現れて…。友情と愛情の狭間にあるものは?親友同士のもどかしく、焦れったい恋物語、必見です!! (2012/2/10)
    • 参考になった 4
    投稿日:2012年02月17日