書籍の詳細

“第四真祖”──それは伝説の中にしか存在しないはずの世界最強の吸血鬼。十二体もの眷獣(けんじゅう)を従え、災厄を撒き散らすといわれる幻の吸血鬼が、日本に出現したという。その“第四真祖”監視と抹殺のため、政府・獅子王機関は“剣巫(けんなぎ)”と呼ばれる攻魔師(こうまし)の派遣を決定。しかしなぜか監視役として選ばれたのは、見習い“剣巫”の少女、姫柊雪菜(ひめらぎゆきな)だった。対真祖用の最強の霊槍(れいそう)を携え、魔族特区“絃神(いとがみ)市”を訪れる雪菜。そこで彼女が遭遇した“第四真祖”暁古城(あかつきこじょう)の正体とは!?

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ストライク・ザ・ブラッドのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 中二病全開な作品
    中二病全開な作品でした。

    ここまで中二病を全面的に押し出されるとなんか心地いいですね。嫌いじゃないです。
    また、作風も一昔前の電撃文庫的な雰囲気を感じました。
    最近流行りの長いタイトルにありがちな安易な萌えや学園生活ではない単純さを楽しむことができます。
    あ、別に批判しているわけではありません。こういうのも好きなので。

    ストーリーは単純。
    主人公がとてつもなく危険な存在で、そんな危険な存在を監視するために美少女が派遣される。
    そんな二人の変な共同生活が始まりあれやこれやとラッキースケベを繰り返していると
    何やら大きな事件に巻き込まれてしまうことに。
    そしてそんな事件を二人で何とか乗り切り二人の距離も少しずつ縮まっていく。

    ラストにラブラブなエピソードがあるのかと思いきや、別のヒロインが邪魔をして
    「先輩なんて知りません!」というオチになる。。。という流れですね。

    オーソドックスな展開ばかりですが、ハマればかなり楽しめると思います。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年04月14日