アメリカの電子書籍“ブーム”は今

150円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

「アメリカの電子書籍“ブーム”は終了しましたので」というコラムがネットでさかんにシェアされた。出典元はNY在住の出版エージェント・大原ケイ氏のブログ「BooksandtheCity」。アメリカは日本のように「出版不況」ではないし、「流行り」だから買うという人も少ない。本の価格帯も「新刊のハードカバー20ドル、Eブック10ドル、セルフ・パブリッシング数ドル」とすみ分けができている。だが、電子書籍のセルフ・パブリッシングが「出版」のハードルを下げたことも事実だ。アメリカは、著者も読者も本は「モノ」ではなくメッセージをやりとりする「ツール」だという認識がある。本書は前出のコラムと「マガジン航」の記事をベースに再構成し、緊急出版したものである。電子書籍”ブーム”真っ只中にいる日本、舵きりのヒントがここにある。【読了時間約16分】【目次】アメリカの電子書籍はもう“流行り”ではない“ブーム”は終了、3割でまず定着セルフ・パブリシングについてマンガはメジャーじゃないリテール(小売り)全体の形態が大きく変わっているのであって「本屋さんがなくなる」問題ではないYAというカテゴリーから大ヒットが生まれる土壌がある人が本を読まなくなっている、と諦めていないEブックの急成長が止まったその理由は?アメリカの電子書籍の未来を占うセルフ・パブリッシングは、必ずしも儲かりはしないが著者の選択は広がるマルチメディア的な本が増えれば、単価が上がり、売上増につながるかも定額読み放題のストリーミング型読書内容やフォーマットが更に多彩にEブック関連のニュースがニュースでなくなる

カゴに追加 150 円(税別)

「アメリカの電子書籍“ブーム”は終了しましたので」というコラムがネットでさかんにシェアされた。出典元はNY在住の出版エージェント・大原ケイ氏のブログ「BooksandtheCity」。アメリカは日本のように「出版不況」ではないし、「流行り」だから買うという人も少ない。本の価格帯も「新刊のハードカバー20ドル、Eブック10ドル、セルフ・パブリッシング数ドル」とすみ分けができている。だが、電子書籍のセルフ・パブリッシングが「出版」のハードルを下げたことも事実だ。アメリカは、著者も読者も本は「モノ」ではなくメッセージをやりとりする「ツール」だという認識がある。本書は前出のコラムと「マガジン航」の記事をベースに再構成し、緊急出版したものである。電子書籍”ブーム”真っ只中にいる日本、舵きりのヒントがここにある。【読了時間約16分】【目次】アメリカの電子書籍はもう“流行り”ではない“ブーム”は終了、3割でまず定着セルフ・パブリシングについてマンガはメジャーじゃないリテール(小売り)全体の形態が大きく変わっているのであって「本屋さんがなくなる」問題ではないYAというカテゴリーから大ヒットが生まれる土壌がある人が本を読まなくなっている、と諦めていないEブックの急成長が止まったその理由は?アメリカの電子書籍の未来を占うセルフ・パブリッシングは、必ずしも儲かりはしないが著者の選択は広がるマルチメディア的な本が増えれば、単価が上がり、売上増につながるかも定額読み放題のストリーミング型読書内容やフォーマットが更に多彩にEブック関連のニュースがニュースでなくなる

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。