書籍の詳細

【第1話ラブレス】父も祖父も27歳で死んだ。怖くて、そして待ち遠しかった27回目の誕生日――今、危機的状況に陥っている俺の、はじまりは1ヵ月前のその日だった……。【第2話ロケットの思い出】ガキの頃飼っていた犬ロケットには「特技」があり、そのお蔭で俺は家を見極められるようになった。ロケットが死んでしばらくして、俺は高校の行事で犬山と出会い……。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

むかしのはなしのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • むかしのはなし
    隕石の衝突が三カ月後に迫っていた地球。懸命に生きている人々の「生」を描いた三浦しをんの群像劇を西田番がコミカライズ。世界が滅亡すると知ったとき、あなたなら、誰とどう過ごしますか? 普段どおりに過ごしますか? 自暴自棄になってしまいますか? それともネットの世界に没頭しますか? そんな状況に置かれた人々それぞれの終末を描いた本作。SFのようにも感じるが、タイトルが表すように昔話をモチーフとしたオムニバス作品なので、堅苦しく考えず物語に没頭できて、とてもお薦めです!
    投稿日:2015年11月30日