書籍の詳細

画期的な発想や発明は、枠の外(アウトサイド・ボックス)で考えて初めてものにできる、というのがこれまでのビジネス本や自己啓発本の定説でした。ところがコロンビア大学ビジネススクールのゴールデンバーグ教授と、P&Gなどのメーカーでイノベーションを指導してきたボイド氏が、実際に歴史上のイノベーションを400例以上研究したところ、それはまったくの逆だ、ということが判明したのです。大きなブレイクスルーは、実は「制約の中」(インサイド・ボックス)で考え抜くことで生まれる――この意外な事実を豊富な実例をもとに立証していきます。たとえばアウトサイド・ボックスの代表例としてよく出される走り高跳びの「背面跳び」。従来の飛び方「ベリーロール」の発想を逆転させたといわれてきましたが、実は、これを発明した選手は、はさみ跳びを変化させて背面跳びに行き着いたことを著者二人はつきとめます。他にも、洗剤から汚れを落とす成分を取り去ってみる、携帯電話から電話をかける機能を外してみる、メールの字数を140文字に制限する、など画期的なイノベーションを生んだ「インサイドボックス」の思考法を紹介していきます。脳髄をしぼりながら、徹底的に考える――あなたの仕事にもキキます。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

インサイドボックス 究極の創造的思考法のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 制約の中で創造的なアイデアを生み出す五つのテクニックとは?
    型破りの発想」という表現がよく使われるように、創造的なアイデアは、決まった「型」の“中”にハマっていては出てこないものと思われがちだ。しかし、本書の主張は、その逆。枠の外(アウトサイドボックス)ばかりで物事を考えると思考が無秩序になる。それよりも、一定の枠内(インサイドボックス)で思考を巡らせたほうが集中して頭脳を働かせられるというものだ。本書ではその前提のもと、著者らが編み出した「体系的創造思考法」の土台となる五つのテクニックについて豊富な具体例とともに解説している。それらのテクニックをヒナ型にして思考することが、アイデア創出の近道となるという。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2014年11月28日