書籍の詳細

突然現れた「源氏の君」にうり二つの水原光琉は、「紫の上」の少女れんと同じ寝所で過ごすことになった。一方、本物の「源氏の君」は行方不明のまま…。気持ちは戸惑いながらも、次第に光琉を意識し始めるれん。感動な平和風ファンタジー完結編。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

今宵、俺が躾けてやる ―S系男子の淫らな嘘のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    すごい世界観!
    平安時代は好きなので雰囲気にひかれます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年07月03日