atプラス 23号

1040円 (税別)

獲得ポイント 11pt (1%還元)

【新連載】柄谷行人 Dの研究(第一回) 宗教と社会主義 【特集】21世紀の資本論水野和夫 日本の「21世紀の資本」論――資本主義と民主主義のたたかい中山智香子 レントがひらく可能性――「メメント・モリ」の経済学のために【連載】大竹弘二 公開性の根源(第10回)書記の生、文書の世界いがらしみきお 誰でもないところからの眺め 第3話 すごく小さく、すごく速く動く人第2回 井野朋也 迫川尚子店の命運を決めるのは家主ではなく、お客様です。――ベルクから見た新宿の二〇年山崎亮 コミュニティデザインの源流 第6回 楽観主義者ロバート・オウエン大澤真幸 可能なる革命(第16回) 誰も知らないのに、皆は知っているReview of the Previous Issue 岸政彦 祝祭と内省――小川さやかとヤン・ヨンヒの作品における「他者」デザイン覚書38 鈴木一誌『atプラス』23号に書いた/語った人たち編集後記

カゴに追加 1040 円(税別)

【新連載】柄谷行人 Dの研究(第一回) 宗教と社会主義 【特集】21世紀の資本論水野和夫 日本の「21世紀の資本」論――資本主義と民主主義のたたかい中山智香子 レントがひらく可能性――「メメント・モリ」の経済学のために【連載】大竹弘二 公開性の根源(第10回)書記の生、文書の世界いがらしみきお 誰でもないところからの眺め 第3話 すごく小さく、すごく速く動く人第2回 井野朋也 迫川尚子店の命運を決めるのは家主ではなく、お客様です。――ベルクから見た新宿の二〇年山崎亮 コミュニティデザインの源流 第6回 楽観主義者ロバート・オウエン大澤真幸 可能なる革命(第16回) 誰も知らないのに、皆は知っているReview of the Previous Issue 岸政彦 祝祭と内省――小川さやかとヤン・ヨンヒの作品における「他者」デザイン覚書38 鈴木一誌『atプラス』23号に書いた/語った人たち編集後記

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: atプラス 23号
  • 著者名: atプラス編集部
  • eBookJapan発売日: 2016年09月02日
  • 出版社: 太田出版
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 59.2MB
  • 関連ジャンル: マガジン総合誌一般誌
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧30冊の書籍

1~30件/30件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。