atプラス 19号

1040円 (税別)

獲得ポイント 11pt (1%還元)

【特集】公開性と秘密・大竹弘二+國分功一郎主権を超えていく統治――国家の肥大症としての特定秘密保護法・周防正行それでもボクは会議で闘う――法制審議会レポート<「取調べの可視化」「証拠の事前全面一括開示」編>・斎藤環日本人と秘密――「特定秘密保護法」は政治システムを退行させる・木村草太特定秘密保護法の制定過程が示すもの――「外務省秘密電文漏えい事件」への参照から・松井茂記特定秘密保護法のどこに問題があったのか【特別寄稿】・松本卓也現代ラカン派の諸論点――ジャック=アラン・ミレールの議論を中心に【連載】・海渡雄一我は如何にして活動家となりし乎(第17回) 脱原発と特定秘密保護法廃止へ向かって・山崎亮コミュニティデザインの源流 第2回 兄弟子ウィリアム・モリス・大竹弘二公開性の根源(第9回) 代表と民主主義・大澤真幸可能なる革命(第12回) (不)可能性の過剰・港千尋回帰する永遠の山人・鈴木一誌天草のキリシタン版

カゴに追加 1040 円(税別)

【特集】公開性と秘密・大竹弘二+國分功一郎主権を超えていく統治――国家の肥大症としての特定秘密保護法・周防正行それでもボクは会議で闘う――法制審議会レポート<「取調べの可視化」「証拠の事前全面一括開示」編>・斎藤環日本人と秘密――「特定秘密保護法」は政治システムを退行させる・木村草太特定秘密保護法の制定過程が示すもの――「外務省秘密電文漏えい事件」への参照から・松井茂記特定秘密保護法のどこに問題があったのか【特別寄稿】・松本卓也現代ラカン派の諸論点――ジャック=アラン・ミレールの議論を中心に【連載】・海渡雄一我は如何にして活動家となりし乎(第17回) 脱原発と特定秘密保護法廃止へ向かって・山崎亮コミュニティデザインの源流 第2回 兄弟子ウィリアム・モリス・大竹弘二公開性の根源(第9回) 代表と民主主義・大澤真幸可能なる革命(第12回) (不)可能性の過剰・港千尋回帰する永遠の山人・鈴木一誌天草のキリシタン版

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: atプラス 19号
  • 著者名: atプラス編集部
  • eBookJapan発売日: 2016年09月02日
  • 出版社: 太田出版
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 7.5MB
  • 関連ジャンル: マガジン総合誌一般誌
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧30冊の書籍

1~30件/30件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。