フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る。 日本サッカーが手にした知性

1170円 (税別)

獲得ポイント 12pt (1%還元)

サッカー界の重要テーマを多士済々の論客とともに議論する『フットボールサミット』第21回目の議題は「日本サッカーが手にした知性」です。5大会連続5度目のW杯出場は日本サッカーにどのような変化を生むのでしょうか。98年予選敗退、02年ベスト16、06年予選敗退、10年ベスト16。初出場からの過去4大会を振り返れば、W杯は出場するものから勝利するものへ。かつて遥か遠くの夢であった優勝でさえ、いまの日本代表にとっては現実的な距離で計れるだけの目標となったのかもしれません。何もかも未知の領域であった初出場から、先駆者は手探りで学び、次世代に受け継がれ、さらに積み上げてきました。数多くの経験から得られた知識は、日本サッカーが手にした知性であるように思います。そして日本代表は、そんな日本サッカーの叡智を集約させた存在となるはずです。2014年、ブラジルの地で日本が手にするものとは何か、現在の選手たちの視線の先にあるものとは何なのでしょうか。これまでに歩んできたW杯の歴史を振り返りながら、日本サッカーにおける知性とは何かを考察していきます。

カゴに追加 1170 円(税別)

サッカー界の重要テーマを多士済々の論客とともに議論する『フットボールサミット』第21回目の議題は「日本サッカーが手にした知性」です。5大会連続5度目のW杯出場は日本サッカーにどのような変化を生むのでしょうか。98年予選敗退、02年ベスト16、06年予選敗退、10年ベスト16。初出場からの過去4大会を振り返れば、W杯は出場するものから勝利するものへ。かつて遥か遠くの夢であった優勝でさえ、いまの日本代表にとっては現実的な距離で計れるだけの目標となったのかもしれません。何もかも未知の領域であった初出場から、先駆者は手探りで学び、次世代に受け継がれ、さらに積み上げてきました。数多くの経験から得られた知識は、日本サッカーが手にした知性であるように思います。そして日本代表は、そんな日本サッカーの叡智を集約させた存在となるはずです。2014年、ブラジルの地で日本が手にするものとは何か、現在の選手たちの視線の先にあるものとは何なのでしょうか。これまでに歩んできたW杯の歴史を振り返りながら、日本サッカーにおける知性とは何かを考察していきます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧34冊の書籍

1~34件/34件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。