書籍の詳細

学院に編入して半年がたち、新学期を迎えた慧人。不知火先生との関係も「先生と生徒」として変わらない状態が続いていた。そんな中、新入生としてやってきた新たな「ミューズに祝福されし者」の作楽戸。慧人に接近する作楽戸を見た不知火先生は、ある不安を感じていた…。新キャラの登場で、2人の関係も動き出す…!?プチッとケモ耳ファンタジー!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ミューズに祝福されし者 ~Liebeslieder~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    待望の完結!!
    【最終巻を読んで】
    ようやく終わりました~♪
    やっとハッピーエンドでよかったっす♪

    途中から登場した作楽戸(さくらど)くん。
    不知火先生が彼をかなり危険視していましたが、
    三諸(みもろ)や相楽(さがら)の冷静な意見のおかげで、
    作楽戸はさほど悪人にならずに済みました。

    それどころか、
    「お前っていいやつじゃ~ん♪」
    って感じのやつになってましたw

    作楽戸のスピンオフがあればいいのにな~♪
    ひそかに期待しています^^
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年01月16日