レビューはありません
金持ちは税率70%でもいいVSみんな10%課税がいい―1時間でわかる格差社会の増税論

金持ちからもっと税金をとるべきか。lこの、現代社会のきわめて重要なテーマについて、4人の知性が激論を交わします。クルーグマンとパパンドレウは、金持ち増税に賛成。・スーパーリッチの税負担をちょっと増やしても経済に悪影響はない。・平等な社会のほうがいろいろな面で望ましい、というのがその根拠です。一方のギングリッチとラッファーは、金持ち増税に反対。・がんばって成功した人からむしりとってそうでない人に渡すような社会でいいのか。・増税しても、金持ちは賢い弁護士をやとって抜け道を探し出す。・増税の前に、政府を改革して効率化するべきだ、というのがその根拠です。税の問題は、つきつめれば、誰からとって誰に与えるか、という問題になります。その問題を考えるときの主要な論点を網羅した本です。【主な内容】第1章金持ちからもっと税金を取るべきか?賛成:ポール・クルーグマン、ジョージ・パパンドレウ反対:ニュート・ギングリッチ、アーサー・ラッファー第2章ギングリッチへのインタビュー一律10%課税はどうか第3章クルーグマンへのインタビュー金持ちは最高税率70%でもいける第4章ラッファーへのインタビュー税制を改革して12%の一律課税に

  • 1200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 12pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。