書籍の詳細

安宅産業処理、平和相銀・イトマン事件、磯田一郎追放、銀行大合併、UFJ争奪戦、小泉・竹中郵政改革……現場にいたのは、いつもこの男・西川善文だった。密室の出来事すべてを明かす!「私は悪役とされることが多かった」顔が見える最後の頭取=「ザ・ラストバンカー」と呼ばれた著者が綴った、あまりに率直な肉声!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ザ・ラストバンカーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 〈一〇月一三日、土曜日。結婚式などでどうしても都合が付かなかった二、三人を除く部長全員が東京の信濃町にある住友銀行会館に顔を揃えた。皆の前で私はこう言った。「現在のイトマン問題と磯田さんのことをあなた方はどうお考えですか。お一人お一人意見を聞かせて下さい」朝の一〇時から午後の二時頃までかかっただろうか。全員からたっぷり意見を聞いた。実に多様な意見があった。しかし共通して出たのは、磯田会長は口先だけでなく早期に辞めるべきだ、それを巽頭取から磯田会長に言ってもらわなければならないということだった。むろん私が最初からそういう提案をしても皆は納得してくれただろう。しかしそれでは不満があっても表に出ずに決まってしまう可能性がある。そういう心配があったので、全員の意見を集約する形で磯田会長退任要望書をまとめた。印鑑をもっている人は印鑑で、もっていない人は朱肉に指をつけて全員が押印した。昔で言うなら血判状である〉金融関係者のみならず、ビジネス界に大きな衝撃を与えた書『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』で、著者・西川善文(元住友銀行頭取)は5000億円もの不良債権を抱え込んだイトマン問題で揺れる住友銀行で「磯田天皇」と呼ばれるほど権勢をほしいままにしていた磯田会長に対する退任要望書を全部長の総意としてとりまとめた時のことをこう回顧しています。要望書は巽頭取に手渡され、部長会の総意を背に巽頭取が磯田会長と向き合った。そして秘密部長会から3日後の10月16日、住友銀行東京本部で開かれた経営会議で磯田会長が取締役相談役に退くことが決められた。同時に腹心の西副頭取も辞任に追い込まれ、イトマン再建問題は急展開していくことになるわけですが、役員層のだれもが鈴を付けに行くことが出来ずに膠着していた状況のなかで、当時一部長の立場に過ぎなかった著者は、金曜日夜に全部長に電話連絡を入れて、翌土曜日――休日に緊急部長会を招集。部長会の総意を「磯田会長退任」を求める血判状にとりまとめて頭取を動かすのです。事実は小説より奇なりとよく言われますが、著者が住友銀行に入行するときの人事部長が磯田元会長だったという因縁がこの二人の間にはあったそうです。その間の事情を著者は「磯田一郎との出会い」としてこう書いています。著者は新聞記者志望の大阪大学法学部4年。就職解禁を控えて友人に誘われて大阪・北浜にあった住友銀行本店に出かけていった。冷やかし気分だから、よれよれのTシャツとズボン姿だった。〈ほどなくして人事部長が現れた。がっしりした体躯の磯田一郎さんだった。私と磯田さんとの出会いは、この時が最初である。一九三五(昭和一〇)年に入行の磯田さんは、このころ四〇代後半だった。(中略)当時の住友は預金量で三菱、富士、三和に続く第四位の都銀だったが、磯田さんの話の端々から、住友への誇りが感じられた。私は、その迫力を受け止めながら、「住友銀行の部長ともなると、やはりすごいものだな」と思っていた。しばらく磯田さんと話をしていると、今度は人事担当の専務に会えという。専務と面接をすると「君、住友銀行に来たまえ。ただし、銀行は厳しいが、それでもいいか」と念押ししながら、入行を促してきた。思わぬ展開に少々とまどいを感じた。人事部長代理から「やめておけ」といわれた新聞記者という職業への興味は、まだそのときも強かった。「ああ、そうなんですか」と曖昧な受け答えをしてみたが、その場で内定がでてしまったのである〉冷やかし気分で面接を受けに来た学生が人事部長に認められて、その日のうちに採用内定となり、翌1961年(昭和36年)に入行。30代半ば以降、著者は安宅産業の破綻処理、平和相互銀行合併問題とイトマン事件の処理、そしてバブル崩壊に伴う不良債権処理と、住友銀行のいわば裏の顔に大きく関わる、本人の言葉によれば「銀行マンとしてはそうとうにいびつな経歴」をもつことになります。その意味で、西川善文回顧録は、高度成長からバブル経済、そしてバブル崩壊と失われた10年、郵政民営化へと続いた日本のリアル経済の軌跡、その舞台裏を当事者が赤裸々に綴る一級の資料として必読です。(2012/5/18)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年05月18日