書籍の詳細

絶大なる力で襲いかかる十二魔将ガトルホグ!聖とアナが全ての魔力を使い、最後の賭けに出る!! そして、アラタとリリスの前には懐かしき、あの顔が…。感動の再会もありつつ、命がけのバトルが熱い、第17巻!!

総合評価
3.7 レビュー総数:4件
評価内訳

トリニティセブン 7人の魔書使いのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    面白かったです
    読み進めていくうちに作品にのめり込んでいくようで、なんども読み返したくなる作品です
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年08月15日
  • 全体的にテンポよし。だけど…
    ノリ良しツッコミもボケもいける飄々とした主人公のおかげで、テンポの良いギャグと掛け合いで楽しく読めます。
    ただ、大変横文字が多いです。たとえば、このマンガでは7つの大罪を魔道のテーマとして掲げていますが、「色欲・憤怒・嫉妬・傲慢・暴食・強欲・怠惰」がそれぞれ「ルクスリア・イラ・インウィディア・スペルビア・グラ・アワリティア・アケディア」とルビがふってあります。
    そして、電子書籍だと解像度の関係で、ルビが潰れている場合があります。そこがマイナス点でしょうか。
    基本的には、話数の合間にある用語集を読みながら読み進めていけば、小さな疑問は拭い去れるようになってます。
    折角のテンポの良さが悪くなってしまうので、読めない横文字部分は割り切っちゃって読むのをおすすめします。
    • 参考になった 7
    投稿日:2017年02月10日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    導入時は淡い期待を抱かせてくれた作品。
    全巻を一括購入しました。
    1巻の時点では多種多様なヒロイン達の姿や特性でワクワク期待したものです。
    しかし2巻以降の巻に進むにつれ、物語の設定自体に違和感を覚えついていけなくなり一気に冷めたのも事実です。
    と言うのもネタバレですが、主人公以外に魔王候補が何人も出できたりあまつさえその魔王候補の魔王因子を奪い取るなどといった無茶苦茶な構成(もはや魔王の称号と呼べない)、さらに魔王候補よりも強い魔王候補でない校長やその他の人達。正直なんでもアリ過ぎてイミ解りません。

    • 参考になった 7
    投稿日:2015年04月09日
  • トリニティセブン 7人の魔書使い
    この夏、角川グループの夏フェア『角コミ』で一番売れている(らしい)「トリニティセブン」が私のオススメです。「トリニティセブン」は現在6巻まで刊行しておりますが、何と1巻からずっと、紙と電子を同時発売で刊行しております! これはかなり珍しいのではないでしょうか。そして部数が伸び続けている人気作品です。まずは表紙の女の子につられて気軽に1巻を読んでいただき、気に入ったら最新6巻まで一気に楽しんでいただければ!
    投稿日:2013年07月26日