書籍の詳細

駄菓子屋を営む子連れやもめの柊至は近所のカタブツ小児科医・佐治と出会い、ひょんなことから体の関係を結んでしまう。遊びなれた柊至にとってはほんの興味にすぎなかったけれど、佐治の気持ちは違うようで…?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

秘めごとあそびのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 秘めごとあそび
    桜城ややの描く男性たちは非常に往生際が悪い。BLの登場人物は恋をすることで市民権を得る。にもかかわらず、桜城ややの生み出す男たちはとにかく恋に溺れまいと抵抗に抵抗を重ねる。しかしそこはBL、最後は「恋」に屈服する。その過程に刹那的な萌え以上のなにか哲学のようなものがある、と、桜城ややの作品を読むといつも思ってしまう。ということで、ゲイのお医者さんとバツイチ子連れのご近所ラブを描く「秘めごとあそび」、ぜひ読んでみてください。
    投稿日:2014年08月29日