書籍の詳細

春から大学生になる大吾と、年上の双子の従兄弟・慎兄と仁兄。幼い頃から弟のように可愛がられていた大吾は、優しい仁兄に密かな恋心を抱いていた。しかし、その想いが大吾を溺愛する慎兄にばれてしまう。俺にしとけと強引に迫られ反発するものの、大好きな人と同じ顔、同じ声の慎兄に不覚にもドキドキしてしまい……!?

総合評価
4.5 レビュー総数:2件
評価内訳

ひとつ屋根の下のケダモノのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    恥じらいと後半がたまらない
    この作品で黒岩チハヤ先生にドはまりした。何度も読み返した!もうほんっと受が愛おしい…。キスでエロい。
    • 参考になった 6
    投稿日:2015年05月31日
  • 王道だけど
    面白かったです。
    読み終わってすぐ同じ著者の作品ないか探しました。

    星あと1つは、
    大吾がもう少し兄と弟の間で揺れる心情があれば…!
    あともう少し慎が大吾に振り回されてくれたら…!
    というところです。

    続編あったら是非読みたいです。
    • 参考になった 5
    投稿日:2014年06月08日