書籍の詳細

▼第1話/南極転勤▼第2話/開発部の青びょうたん▼第3話/危険地帯▼第4話/浮上型雪上車▼第5話/エンジニアにとって▼第6話/憧れの大地▼第7話/観測旅行(フィールドワーク)▼第8話/半壊小舎とブリザード▼第9話/人と人…▼第10話/ケダモノBLUES●主な登場人物/高木太朗(自動車や雪上車のエンジンを開発する会社・ニスズのエンジニア。南極越冬隊設営機械班の一員に任命され、1年半の南極勤務に就く)、黒田優作(雪上車輛を製造する地方の小さな会社・小原鉄工の技術者。太朗と組んで仕事をする。とぼけたところもあるが腕は確かで、頼りになる人。34歳)●あらすじ/ニスズ社は自動車開発と共に、南極観測隊の使用する雪上車のエンジン開発も手掛けている。その整備にはプロのエンジニアが必要とされ、ニスズは毎年選りすぐりの精鋭を南極昭和基地に送り込んでいた。そして今年、1年半の長期に及ぶその任務を託されたのが、若手エンジニアの高木太朗だ。太朗は突然の転勤辞令に大いに戸惑うが、不安と希望を胸に南極へ向かう(第1話)。●本巻の特徴/何から何まで初体験となる、極寒の地での仕事と生活。太朗は様々な分野での技術者集団である「設営」の面々や、変わり者の多い「学者」たちと共に、閉ざされた環境での人間関係の難しさや自然の驚異と闘いながら、大きく成長していく。綿密な取材をもとに、通常我々が知ることのできない場所での物語をリアルに描いた、ヒューマニズム溢れる作品の第1集。●その他の登場人物/伊藤ジロー(南極越冬隊隊長)、天谷(設営主任)、田代源(設営班の大工の棟梁)、吉野(前年から南極にいるニスズの社員。太朗の先輩)、木村(巨漢のパイロット。通称コング)、芦沢広樹(協調性に乏しい生物学者)、滝川綾(女性生物学者)、西岡由美子(氷山気水圏専攻の学生。極端な男嫌いで知られる変わり者)、理恵(太朗の恋人。日本で太朗の帰りを待つ)

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

極(キョク)リーマンのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 今年も夏本番が間近に迫っています。ああ、またあの酷暑の日々が…考えるだけで、ぐったりしてしまいますね。近年の夏は異常な猛暑ですから。漫画を読んで涼を取る、というわけでもありませんが、とっても寒い場所が舞台の作品をご紹介します。『極(キョク)リーマン』(岩田やすてる)の「極」は南極の「極」といったらお察しがつくと思いますが、研究者ならぬサラリーマンが南極の昭和基地へ越冬隊として参加するというストーリーです。主人公は雪上車のエンジニア高木太朗という若者で、恋人を日本に残して1年半の南極での生活をおくるわけです。氷点下40度の屋外作業は凍傷の不安にさらされ、ブリザードでの遭難やクレバスへはまることでの生き埋め等、ちょっとした気の緩みが生命の危機に直結します。まさに極限の世界。だからこそ、過酷な環境の中での共同生活は、他人を他人でなくする絆が生まれるようです。いちばん印象に残った話は研究者の女性が、新しい生命を宿していることが発覚したときのエピソードです。妊娠に気がつかずに南極にきてしまったのですが、前代未聞の事態に隊は大騒ぎとなります。行き詰まった事態に、ふだんはちょっとだけそそっかしい熱血漢の太朗が強烈な主張をします。そして、新しい命の誕生をみんなで迎えるべく、絆は国際的に広がろうとします。酷寒を舞台にした、胸熱くさせられる作品なのです。(2014/6/13)
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月13日