隣のあたし (9)

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

三宅(みやけ)から別れを告げられた仁菜(にな)。さらに、京介(きょうすけ)の自分に対する恋心を知り、動揺を隠せない。そんな中、新年を迎え初詣へ出かけた仁菜は、三宅の“あるもの”を発見して――!?――すれ違う15の冬。春の訪れは誰の隣で!?南波あつこの絶対泣ける純情ラブ!!

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

三宅(みやけ)から別れを告げられた仁菜(にな)。さらに、京介(きょうすけ)の自分に対する恋心を知り、動揺を隠せない。そんな中、新年を迎え初詣へ出かけた仁菜は、三宅の“あるもの”を発見して――!?――すれ違う15の冬。春の訪れは誰の隣で!?南波あつこの絶対泣ける純情ラブ!!

  • セット割
  • セットポイントUP
  • 完結
平均評価(3.0 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧10冊の書籍

ユーザーのレビュー

匿名希望

(1.0)

投稿日:2016年04月24日

悪い意味で裏切られた ネタバレあり

最終巻の表紙も京ちゃんだったので、何だかんだあっても最後はくっついてハッピーエンドの話なんだ!
と思って読んでいたのですが、見事に表紙に裏切られました。
京ちゃんが別の人と付き合ったのは、仁菜に自分の事を幼馴染ではなくて一人の男として意識しだして欲しかった(当てつけの為)だった事が汲み取れますし。
仁菜に告白された時は、男として自分を見ていない事を感じ取っていたからこそあの行動を取ったのだと思いました。
そして、仁菜が京ちゃん以外とキスしたシーンでは、やっぱり京ちゃんじゃないと駄目だ!となる為にああいった描き方をしたのだと思ってました。
しかし、結局京ちゃんとはくっつかずに終わってしまいました。
最終巻の表紙がくっついた三宅ではなく京ちゃんだったのは、三宅の方が人気が出てしまって三宅とくっつけざるを得なかった作者の最後の抵抗なのかな。
と思ってしまうほどでした。
結末が分かっていたら読まなかったです。
とても残念です。
  • 参考になった 17

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。