渡辺潤

講談社

ジャンル:青年マンガ

600円 (税別)

6ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2012年07月20日

  • セットポイントUP
  • 完結
  • セットポイントUP
  • 完結

三億円事件奇譚 モンタージュ 7巻の内容

シリーズ書籍一覧 19冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

三億円事件奇譚 モンタージュ 7巻の詳細

  • 書籍名: 三億円事件奇譚 モンタージュ 7巻
  • 著者名: 渡辺潤
  • eBookJapan発売日: 2012年07月20日
  • 出版社: 講談社
  • 連載誌・レーベル: ヤングマガジン
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 193ページ
  • 立読ページ数: 15ページ
  • ファイルサイズ: 165.4MB (Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨します)
  • 関連ジャンル: 青年マンガミステリー・ホラー社会派ヤングマガジン
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書店員のレビュー

一覧を見る

日本で最も有名なモンタージュ写真、それは三億円事件のあの写真ではないでしょうか。多くの人が頭の中に、あのイメージ像を描けるはずです。この事件が、いまだに人々の口に上るのはなぜでしょう。現在の貨幣価値にして50億円といわれる、途方もない巨額の強奪事件というインパクトもさることながら、モンタージュ写真や多数の遺留品など犯人に直接結びつくはずの証拠がありながら、未解決となってしまったことへのミステリアスさが大きいと思います。前置きが長くなりましたが、『モンタージュ』(渡辺潤)は、その三億円事件を舞台背景としたクライム・サスペンス。事件から40年近く経った長崎で、鳴海大和(なるみ・やまと)という少年が老刑事の死ぬ間際に放った衝撃的な一言によって幕が開きます。それは、大和の父親が「三億円事件の…犯人…だ…!!」というセリフです。やがて、高校生となった大和は義理の姉のような存在の小田切未来とともに、殺人事件に巻き込まれ手に汗握る展開が繰り広げられます。大和の父親と失踪した小田切の両親の結びつきや悪徳刑事の魔の手、軍艦島に残された三億円事件の物的証拠…謎は深まるばかり。続巻のリリースに期待したいところです。 (2012/1/17)
  • 参考になった 9

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(5.0)

投稿日:2016年06月30日

面白過ぎて一気読み!

日本の未解決事件の中でも有名な3億円事件を題材にしたお話。
主人公は幼い頃にとある事件に遭遇するのですが、その被害者は『3億円事件の犯人はお前の父親だ』と遺して死にます。
成長した主人公は3億円事件に絡んだ犯罪に巻き込まれていき、殺人容疑をかけられ逃亡する中で、3億円事件の真相を解き明かしていきます。
これ未解決事件のはずなんだけど、この真相が実話なのかな?って思ってしまうくらいの内容です。
気になって読むのが止まらない。ラストまで一気に読めました。これは買って損は無さそう!オススメです!
  • 参考になった 8

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。