9で割れ!!―昭和銀行田園支店 (3)

300円 (税別)

獲得ポイント 通常3pt(1%還元) → 90pt(30%還元)

人口3万余のY市にある支店に転勤となった矢口(高橋)は、24歳になる寸前、2歳下の女性と若くして結婚した。銀行員としての仕事の合間をぬって、釣りや当時夢中になっていた油絵など、多忙ながらも充実した日々を送っていた。そして今年も鮎の解禁日が近付いてくる!矢口は、今年は鮎の「友釣り」をマスターすると息巻くのだが…!?

立ち読み(18ページ)

カゴに追加 300 円(税別)

人口3万余のY市にある支店に転勤となった矢口(高橋)は、24歳になる寸前、2歳下の女性と若くして結婚した。銀行員としての仕事の合間をぬって、釣りや当時夢中になっていた油絵など、多忙ながらも充実した日々を送っていた。そして今年も鮎の解禁日が近付いてくる!矢口は、今年は鮎の「友釣り」をマスターすると息巻くのだが…!?

  • ポイントUP
  • セットポイントUP
  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: 9で割れ!!―昭和銀行田園支店 (3)
  • 著者名: 矢口高雄
  • eBookJapan発売日: 2014年06月27日
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 288ページ
  • 立読ページ数: 18ページ
  • ファイルサイズ: 131.7MB
  • 関連ジャンル: 青年マンガ人情実用・エッセイ仕事大自然自伝
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧4冊の書籍

書店員のレビュー

最近、銀行が舞台の小説とそれを映像化したドラマがブームとなりましたが、作者が元銀行員とあって、リアリティあふれる描写が魅力の一つだったようです。漫画家でいえば、『釣りキチ三平』『ふるさと』で知られる矢口高雄が元銀行員なのですが、その銀行マン時代を描いた自叙伝的作品が『9で割れ!!―昭和銀行田園支店』です。ちょっと不思議なタイトルですが、「9で割れ」は過不足金や集計ミスの原因を突き止める初歩的な計算法の合言葉なのだそう。パソコンやATM支払機が普及するなんて夢物語に思われていたような、そろばんが全盛の東京オリンピック前後の物語です。矢口が12年間務めた銀行員の当時の生活ぶりが詳らかに描かれています。結婚して幸せな銀行員生活をおくっていた矢口が、運命の一冊ともいうべき作品と出会って、むさぼるように漫画を読んで漫画を描きはじめます。多忙な仕事の合間を縫って漫画を描く情熱の日々が、読んでいる者の心を惹きつけるのです。機が熟した頃、矢口はプロの漫画家になりたいと妻に胸の内を吐露するのですが、妻の返した言葉に、読んでいる私の目頭が熱くなってしまいました。時に矢口高雄28歳にして二人の娘持ち。矢口はどのように、漫画家の登竜門をくぐるのでしょうか。ぜひ、お楽しみください。計算しつくされたかのようなクオリティの高い矢口作品の数々は、銀行員時代に培われていたようです。(2014/7/25)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。