書籍の詳細

「お前はこれから娼婦として生きろ」憧れの人から投げつけられた、信じられない言葉。見知らぬ館で目覚めたアデリアは、かつて一度だけまみえた美しい貴公子・セヴランに囚われたことを知る。失意のうちに純潔を奪われ、調教の名のもと夜ごと淫らな快楽をその躯に教え込まれるが、自分に向けられる彼の視線が、触れてくる指先が、思いの外優しいことに気づいて!?彼は私を憎んでいるはずなのに、なぜ――?彼の本当の気持ちを知りたい。そう願うアデリアだが…。

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

真紅の薔薇は月光に囚われて【イラスト付】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    全体的に文章構成が甘いなと
    主人公ストックホルム症候群っぽいな~と。
    全体的に甘い(いい意味ではない)
    乙女系ラノベに求めるもんでもないけど、
    作者さんは登場人物すべてに愛着があるのだろう、出るヒトすべてが善人では矛盾点が出てしまうのに。
    他の作品でこの値段ならもうちょい楽しいのがあるってことを考えると星ふたつかな~
    エロに関しても心引かれるもんでもなかったし。
    あと、この作品のあおり文と内容ちぐはぐ。
    読んですぐかいてるので、おかしい所があるかもしれませんが私個人のレビューなのでご理解ください。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年05月18日