書籍の詳細

仁科が打ち合わせに訪れたカフェは、学生時代の親友・美山がオーナーを務める店だった。10年振りの再会を懐かしむ仁科とは対照的に、美山は自分を覚えていないかのように素っ気ない。確かに存在した“友情以上”の関係。切ない「初恋」だったあの頃にはもう戻れないのか──?大幅加筆&描き下ろしを加えた待望の最新刊「嵐のあと」後日談『doubleline』も収録!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

初恋のあとさきのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 初恋の傷口
    『嵐のあと』に出ていた美山の初恋の話。これを読むと美山がより深く理解できます。美山の若さ故の盲目的な愛情が切ない。苦しい。甘酸っぱいなんて言葉が似合わない。ある意味リアルな初恋が描かれています。何度も読み返してます。
    • 参考になった 7
    投稿日:2015年04月07日
  • 日高先生は最高です
    嵐のあとが大好きだったので、その続編を読ませてもらってとても満足です。
    日高先生の大ファンで、全ての作品を購入させてもらっていますが、毎回話の内容の深さ、絵画像の繊細さに感動をしています。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年08月10日